インストールメモ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あれこれLinuxにインストールしたものの個人的メモ

apche

  • ライブラリ置場 http://www.ring.gr.jp/archives/net/apache/httpd/
  • インストールしたバージョン 2.2.9 (ソースからインストール)
  • apr, apr-utilを使うときはそれらは先にインストールしておく(後からインストールしようとしたら失敗した)
  • コンパイルオプション
% ./configure --prefix=/usr/local/apache2
  --enable-mods-shared=all \
  --enable-proxy \
  --enable-proxy-balancer \
  --enable-ssl \
  --enable-cache \
  --enable-disk-cache \
  --enable-mem-cache \
 (↓apr, apr-utilを使用する時)
  --with-apr=/usr/local/apr \
  --with-apr-util=/usr/local/apr
  • アンインストールするときはインストールしたディレクトリを丸ごと削除しちゃう(この場合、/usr/local/apache2)

ruby

% ./configure --enable-shared

rubygem

MySQL

./CC=gcc CXX=gcc ./configure \
--prefix=/usr/local/mysql \
--enable-thread-safe-client \
--enable-local-infile \
--enable-assembler \
--with-readline \
--with-innodb \
--with-extra-charsets=complex \
  • あらかじめmysqlのuserとgroupを作っておく
% addgroup mysql
% adduser mysql -g mysql
  • DBの初期化
/usr/local/mysql/bin/mysql_install_db --user=mysql
  • MySQLのパーミッションの変更
% chown -R root.mysql /usr/local/mysql
% chown -R mysql /usr/local/mysql/var/
  • confファイルの設定
% cp -p /usr/local/src/mysql-5.0.51a/support-files/my-medium.cnf /etc/my.cnf
% vi /etc/my.cnf
  • 文字コードをutf8に設定
[client]
default-character-set=utf8

[mysqld]
character_set_server=utf8
default-character-set=utf8
skip-character-set-client-handshake
・・・
max_allowed_packet=128M (この後のdumpファイルの投入に備えて)

[mysql]
default-character-set=utf8
  • 起動スクリプトの配置
cp -p /usr/local/src/mysql-5.0.51a/support-files/mysql.server /etc/init.d/mysql
chmod +x /etc/init.d/mysql
/sbin/chkconfig --add mysql
  • dumpファイルの作り方(すべてのデータベースをダンプするとき)
% mysqldump -A -u root -p パスワード --opt > ダンプファイル名
  • dumpファイルをDBに入れる時
% mysql -u root -p パスワード < ダンプファイル名

JDK


Tomcat

  • インストール前にすることJDKorJREが入っていることを確認
  • ライブラリ置場 http://tomcat.apache.org/download-60.cgi
  • インストールしたバージョン6.0.16
  • インストール手順
    • ファイルを展開し、展開したものを適当なディレクトリに移動(ex. /usr/local/tomcat)
    • 展開したファイルのbin以下にある *.sh に実行権限を与えておく
    • 環境変数 JRE_HOMEにJREをインストールしたディレクトリを登録
  • 起動方法(tomcatのファイル /usr/local/tomcat に置いた場合 以下同様)
/usr/local/tomcat/bin/startup.sh
  • 停止方法
/usr/local/tomcat/bin/shutdown.sh

Subversion


Maven

  • インストール前にすることJDKが入っているかの確認
  • ライブラリ置場 http://maven.apache.org/download.html
  • インストールしたバージョン 2.0.9
  • インストール手順
    • ファイルを展開し、展開したものを適当なディレクトリに移動 (ex. /usr/local/maven)
    • 環境変数 JAVA_HOME にJDKをインストールしたディレクトリを登録
    • mavenの実行ファイルのあるディレクトリにPATHを通しておく
  • オフラインで使用するオプション -o

Capostrano


Trac

なにかと面倒くさい
  • mod_phytonのインストール
    • コンパイルオプション
./configure --with-apxs=/usr/local/apache2/bin/apxs
--with-apxsにapxsのあるパスを指定しておく(しないインストールとできない場合がある)