※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




効率の良い迷路

まず重要なのは砲台の射程距離内での攻撃回数を増やす事。
それには迷路を折り返して1つの砲台で2つのルートを攻撃出来るようにしたり、Frost Towerで足止めして攻撃回数を増やす等の方法がある。

手っ取り早く知りたい人はスコアボードの上位入賞者のマップを参考にしてみると良いだろう。スコアネームをクリックするとマップが参照出来る。
Youtubeなどの動画投稿サイトにも、幾つかプレイ動画がアップロードされているので、それを見てみるのも吉。

ジャグリング

敵ユニットは出口までの最短距離を進んでいく、という特徴を利用したある意味裏技的な戦法。
わざと迷路途中の壁砲台を売却すると、敵がUターンしてくるので、戻って来た所で再び砲台を設置して延々と同じルートを辿らせるというモノ。
上手くいけば無限に敵にダメージを与える事が出来る。

敵をあちらこちらへ行ったり来たりさせる事から"ジャグリング"と呼ばれている。
また、砲台をスイッチ代わりにしている事から"砲台スイッチ迷路"などとも呼ばれる事もある。

バージョン1.2Cで追加されたSell Timerにより、多少困難にはなったがまだ活用出来る方法である。
壁砲台はSell Timer稼動中も壁の役割を果たすので、三本の経路を作り、売却した直後にそれまで開いていた経路を塞ぎ、残りの一つを再び売却するということを繰り返してLv.100までジャグリングを行うことに成功した例もある。

ただし、通路を無視するFLYINGの敵ユニットには無効なので別途対策を行う必要がある。