恐竜ハンタードラ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ドラえもん てんとう虫コミックス 第2巻に収録されている話に

『恐竜ハンター』 という話がある。

このお話を紹介したいと思う。


のび太が部屋に戻ると部屋に恐竜がいてのび太が 「ドヒャ」 と叫びます。

階段を転がり母親を呼び、共にのび太のお部屋へ・・・

すると恐竜は部屋から跡形もなく消えていました。

ドラえもんが机の引き出しから出てきてセワシと恐竜狩りに行ってきたといいます。

「未来の世界ではやっているんだ。おもしろいスポーツだよ。」とのこと。

ドラえもんから説明を聞いたのび太は・・・








「ぼくもやろうっと。」

のび太はおもちゃの銃で恐竜狩りをするつもりだったそうです。



いろいろあって一億年前にきたドラたちは恐竜を探します。

ドラがうまくさそいだしてきた恐竜をのび太が『細胞縮小機』でアリみたいにしちゃいます。

二体目はのび太が体中にバターとジャムを塗りさそいだします。

おとりになるのび太にドラえもんがひとこと










「なるべくうまそうに歩くのがコツだよ。」

うまそうに歩く?

どんなかんじで歩くのか、ドラえもん教えてくれ。



恐竜をうまくさそいだせたのび太とドラ。

のび太はおおあわてですがドラは冷静です。




「このおちつきが、しろうととくろうとのちがいだ。」

さすがは玄人のドラえもん。

恐竜が近づいてきて構えるドラえもん・・・

そして「サッ」とポケットから出てきたものは!?





















大和煮・・・・・・・

ちなみにAma○onで牛肉大和煮105g 税込みで473円です。



恐竜につかまったドラとのび太



それは君たちが決めることじゃないだろう・・・

結局最初はドラを食べることを選んだ恐竜。

恐竜はドラえもんの方がおいしそうにみえたのか、それとも好きなものはあとにとっておく派なのか。

そしてドラえもんは食べられる瞬間に悲鳴をだします。

まぁ命にかかわることですので当然ですな。
































「アキーッ」

さすがネコ型ロボットのドラえもん。悲鳴も高級だ。

みなさんも車にひかれそうになったり、恐竜に食べられそうになったとき、殴られそうになったときなどに

「アキーッ」 と叫んでみるのもいいでしょう。





ドラえもんが食べられないことがわかった恐竜は残しておいたのび太を食べようとします。




え?この子、野比のび太?

これには恐竜もびっくり!手が燃えちゃったよ♪

このあと噴火が起きてドラたちは家に帰ることになりました。



この話は私が面白いと思う作品のTOP10に入る作品です。

読んだことある人もない人も一緒に読んでみよう。

質問や研究してほしいことなどは風船手紙コントローラーにて


参考文献

ドラえもん 2巻 てんとう虫コミックス 藤子・F・不二雄著 小学館


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。