※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

以下の順番に並んでいます
  • NortonInternetSecurity2008
  • NortonInternetSecurity(ver.16.5.0.135)
  • ウイルスバスター2009(ver.17.1.1251)
  ※フレッツウイルスクリア=ウイルスバスター
  • ウィルスセキュリティZERO
  • カスペルスキーインターネットセキュリティ2009


NortonInternetSecurity2008の設定方法

オプション→ファイアウォール→拡張設定→一般ルール
→追加→遮断→他のコンピュータに対する接続と他のコンピュータからの接続
→「下のリストにあるコンピュータとサイトのみ」にチェック入れて「追加」
→「範囲」で94.247.2.0-94.247.3.255と95.129.144.0-95.129.145.255と
 94.229.65.160-94.229.65.191、「個別」で78.109.29.112を追加して次の画面へ
→すべての通信の種類→そのまま次の次まで画面進んで適当なルール名作成してOK


Norton Internet Security(ver.16.5.0.135)の設定方法

1.メインウィンドウ開く
2.「インターネット」の「設定」を開く
3.「コンピュータの設定」内、「スマートファイアウォール」をオンにする
4.「スマートファイアウォール」の「拡張設定」の「設定」を開く
5.「一般ルール」の「設定」を開く
6.「追加」をクリック
7.「遮断」をクリック
8.「他のコンピュータに対する接続と他のコンピュータからの接続」を選択して「次へ>」をクリック
9.「下のリストにあるコンピュータとサイトのみ」を選択して「追加」をクリック
10.適切な記述で入力し(詳細は記述方法は下記)、「OK」をクリック
11.すべて設定したら「完了」をクリック
12.「一般ルール」ウィンドウに戻るので、追加されていることを確認
13.任意で順序を変えるなどする(普通はそのままでOK)

※ブロックするIPの記述方法(上記のうち「9」の項目でやること)
例1)【94.247.2.0 - 94.247.3.255】の場合
  a.「範囲を使う」を選択
  b.開始アドレスに「94.247.2.0」を入力
  c.終了アドレスに「94.247.3.255」を入力
  d.「OK」をクリック
  e.「ルールの追加」ウィンドウの「種類」に追加されていることを確認
  f.他に追加するIPがあれば繰り返す、なければ「完了」をクリック
例2)【78.109.29.112】の場合
  a.「個別」を選択
  b.入力フォームに「78.109.29.112」を入力
  c.「OK」をクリック
  d.「ルールの追加」ウィンドウの「種類」に追加されていることを確認
  e.他に追加するIPがあれば繰り返す、なければ「完了」をクリック


ウイルスバスター2009(ver.17.1.1251)のファイアウォール設定

1.メイン画面→「パーソナルファイアウォール」クリック
2.「設定」クリック→開いたウィンドウ内の「詳細設定」クリック
3.「プロファイルの詳細設定」ウィンドウの「例外ルール(プロトコル)」タブをクリック
4.「追加」→「新規例外ルール(パーソナルファイアウォールネットワーク)」ウィンドウが開くので以下設定※
5.「OK」をクリックして開いているウィンドウを閉じ、最後にメイン画面を閉じる

※例外ルール設定について(IPの記述方法)
 例1)【94.247.2.0 - 94.247.3.255】の場合
   「説明」→例外ルール名を入力
   「方向」→受信(送信でも同じ設定を作る)
   「処理」→拒否
   「プロトコル」→すべて
   「ポート」→すべてのポート
   「タイプ」→指定範囲のIPアドレス(IPv4)
          →開始アドレスに「94.247.2.0」
          →終了アドレスに「94.247.3.255」を入力
   「OK]をクリック後、ルール名を変えて「方向:送信」で同様の設定を作成する
 例2)【78.109.29.112】の場合(基本↑と同じ)
   「タイプ」→IPアドレス(IPv4)
          →ホスト名:空欄
          →IPアドレスに「78.109.29.112」を入力

★フィッシング詐欺対策を有効にしておくのもお勧めです
1.メイン画面→「有害サイト/迷惑メール対策」クリック
2.フィッシング詐欺対策が無効になっていた場合は有効にしておく


ウィルスセキュリティZEROのファイアーウォール設定

1.ウィルスセキュリティのメイン画面を開く
2.左のタブから「不正進入を防ぐ」をクリック
3.「ファイアーウォール」が選択されていることを確認して右の「設定」をクリック
4.上のタブから「ネットワーク」をクリック
5.「追加」をクリック
6.ファイアーウォール設定をする(設定の詳細は下記)
7.「OK」をクリック
8.ファイアーウォール設定が正しいか確認して「適用」をクリック

ファイアーウォール設定
例1)94.229.65.160 - 94.229.65.191の場合
 a.「ファイアーウォール-ゾーン管理」という画面が表示される
 b.「IPアドレスの範囲を指定」を選択
 c.「始めのIPアドレス」に「94.229.65.160」を入力
 d.「終わりのIPアドレス」に「94.229.65.191」を入力
 e.「簡単な説明」には「GENO範囲1」など自分で分かる名前をつける
 f.「このエントリをブロックゾーンに設定します」を選択
 g.「OK」をクリック
 →不正進入を防ぐ-ネットワーク画面に戻る
例2)78.109.29.112 の場合
 a.「ファイアーウォール-ゾーン管理」という画面が表示される
 b.「IPアドレスを指定」を選択
 c.「IPアドレス」に「78.109.29.112」を入力
 d.「簡単な説明」には「GENO単体1」など自分で分かる名前をつける
 e.「このエントリをブロックゾーンに設定します」を選択
 f.「OK」をクリック
 →不正進入を防ぐ-ネットワーク画面に戻る


カスペルスキーインターネットセキュリティ2009(以下KIS)の設定


1.KISのメイン画面を開く
2.「システム監視」を選択
3.「ファイアウォール」の「設定」ボタンを押すとルールの設定画面になる。「パケットルール」のタブを選択
4.<+追加>をクリック→パケットルールの設定画面が表示される。
5.<処理>→「遮断」を選択する。
6.<ネットワークサービス>の<+追加>をクリック。
7.ネットワークサービスの設定画面が表示される。
8.任意の名前を入力して、通信方法に「送受信」を選んで「OK」ボタン。
  パケットルール設定画面に戻る。
  設定した名称がネットワークサービス一覧に追加されているのを確認する。
9.<ネットワークアドレス>の<+追加>をクリック。
10.ネットワークアドレスの名前(JSRedir-R…GENOでもいいけど)を入力。
11.<リモートアドレス>の<+追加>をクリック。
12.遮断するIPアドレスを1行ずつ入力。
  ※カッコ内の部分は入力不要。
    遮断するIPの範囲だが「/27」と入れることでカッコ内のIPを一つずつ入力する必要がなくなる。

 94.229.65.160/27(94.229.65.160 - 94.229.65.191)
 zlkon.lv:
 94.247.2.0/23 (94.247.2.0 - 94.247.3.255)
 martuz.cn
 95.129.145.58
 95.129.144.0/23 (95.129.144.0-95.129.145.255)
 Botnet C&C BackDoor Connection
 78.109.29.112

  ※「zlkon.lv」などコンピュータ名を入力し、OKボタンを押せば
   自動的にIPアドレスを取得するが
   入力したコンピュータ名がすでにDNSから登録解除されていた場合
   「IPアドレスを解決できません。コンピュータ名が正しくない可能性があります」
   というエラーが出るので、その場合はIPアドレスを入力する。

13.入力したら「OK」ボタン。パケットルール設定画面に戻る。
  ネットワークアドレスに「JSRedir-R」が追加されているのを確認したら「OK」ボタン。
  パケットルールの設定に今回設定したものが反映されているか確認。
14.後は「OK」ボタンをKISの設定画面まで押し続けて画面を閉じる。