※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「空は好きですか」
 私が総次郎様の元へ嫁いだ次の日、貴方様はそうお聞きになりましたね。
 新緑眩しい初夏。
 貴方様は青く澄みきったお空を仰ぎみてそう仰いましたね。

 その時、私はすぐにお答えできなかった。
 それが恥ずかしくて、申し訳なくて。
 太陽のように微笑む貴方様を見ることすら出来ませんでした。
 私はどうにかしてお答えしようと、必死で言葉を巡らせました。
 涙を流していることにも、気付かないほどでした。

 実は私はお空が嫌いでした。
 幼少の頃、両親に先立たれた私は親戚の皆から、
 私の両親は遠いお空へと旅立ったと聞かされておりました。

 それを聞いた私は、本当に悲しかった。
 私よりも、お空のほうが好きだなんて、酷いと思いました。

 お空は私の大切な人を奪ってゆくのです。

 正直に申し上げますと、私は怖かったのです。
 お空に浮かぶ雲がにゅるりと伸びてきて、私の大切な総次郎様までも絡め取り、奪い去ってしまうのではないかと、怯えていたのです。
 でも貴方様は、そう答える私の手を取って、接吻をしてくださいました。
 とても、とても嬉しかった。

 しかしやはり、お空は貴方を奪ってゆきましたね。
 米軍との戦いに、戦闘機で飛び立って行かれた貴方様。
 すぐに帰るからと、あの大好きな笑顔で仰った貴方様。
 でもそれ以来、私の元に帰っていらっしゃらなかった。

 やはり私と一緒にいるより、お空の方が楽しゅうございますか?
 私を残して旅立った両親も、貴方様も。
 私を差し置いてお楽しみになっているのでしょうか?

 私はお空が嫌いです。
 お空へ飛んでいくよりも、土に根ざして生きてゆきたい。

 春を待ち、夏を越えて、実る秋を喜び、冬に寄り添い。
 そうして育まれた家族達と共に、生きてゆきたいのでございます。

 私の枕元に座る孫も、
 なにやら髪を染め、おかしな耳飾りもつけてはおりますが、
 人懐こい顔つきや根の優しい、真面目なところは貴方様の生き写しでございますよ。

 女とは損な役回りでございますね。

 貴方様がお空で楽しんでいらっしゃる間に、
 私は貴方様の未来を育んで参りましたよ。
 総次郎様はいなくとも、
 貴方様の血を受け継ぐ家族がここにございます。

 時折家族が見せる貴方様の面影を見るたび、
 総次郎様が私の元へ帰って来て下さったと、感じることも出来ました。


 総次郎様。
 そろそろ私も連れて行っては下さいませんか?
 貴方様の焦がれた空を、私も見とうございます。
 私の育んだ家族を空から見下ろし、
 貴方様に褒めていただければ。
 そして、
 もう一度頬に接吻を下されば、今までの苦労も報われる事でしょう。

 あの頃のように、
 澄みきった青空へ。

 太陽のように微笑む、貴方様の元へ……。



【あとがき】
ミクシィコミュの【創作同盟】で投稿した作品です。
設定は、危篤状態のお婆さんの元に孫が訪れ、
その孫と、今は亡き夫の姿を重ねたお婆さんが
夫の総次郎さんと昔話を語る、というシチュエーションです。