Emerald@ ウィキ

ジャンプ命令


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジャンプ命令




ジャンプ命令には 「jmp」 を使う。
使う場合は jmp+(アドレス) という風に指定する。
プログラムを戻るジャンプ(上)ならばアドレスは見えているのでそれを指定すればいいが
プログラムを進むジャンプ(下)ならばアドレスは見えていないので一工夫必要になる。

最初のjmp命令ではとりあえず適当なアドレス(ここでは0100)を入れておいてあとから書き加えるというもの。
書き加えられたところには jmp 010A という命令があり、アドレス0106から010Aにジャンプすることになっている。
つまりプログラムはアドレス0108のadd命令を実行せずに終わり、結果として最初に代入された値のままになっている。

このようにあとから変更することも可能。
ちなみにjmp命令のオペランドにはレジスタも指定可能。その場合はレジスタの値のアドレスにジャンプすることになる。
添付ファイル
取得中です。