教科 > 通信ネットワーク > 2008-12-08


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

単語
ホスト
ルータ
ドット付き10進数表示
ICANN
JPNIC
大規模ネットワーク
約1600万個
サブネットマスク
プレフィックス
CIDER


 IPアドレスは、ネットワーク上のすべてのホストルータに付与される。ルータは、必ず複数のポートを持ちポートごとにIPアドレスが付与される。IPアドレスを0と1のビット列であらわすのはわかりにくいので、IPv4では、32ビットのアドレスを8ビットずつ、ドットで区切り、さらに10進数で表現した「ドット付き10進数表示」を行う。
 IPアドレスは、世界で一意的である必要があるため、ICANNの元に地域別NIC(Network information Center)が担当している。日本では、APNICに属するJPNICが担当しIP指定事業者であるJPRSを通して割り当てられている。
 当初IPアドレスを大規模ネットワーク用、中規模ネットワーク用、小規模ネットワークなどに分けて、ネットワーク番号(アドレス部)とホスト番号(アドレス部)に分類したが、クラスAの大規模ネットワーク用アドレスでは、ホスト番号が約1600万個となり一つのネットワークが保有することが現実でなくなった。このためネットワークをさらにサブネットに分割してアドレスを振り分けることが行われる。ネットワークがサブネットに分割されていることを表示する方法として、サブネットマスクを利用することが行われる。
 もう一つの方法は、サブネット部を含めたアドレスのビット長を示す数字を、アドレスの後に付与する方法である。このビット長を示す数字をプレフィックス値と呼ぶ。
 現在ではサブネット化が徹底され、クラスの概念を気にする必要がなくなり、ネットワーク部とホスト部のビットを任意ビットで分離した体系でルーティングするCIDERが利用されることが一般的になっている。

 IPアドレスは、ネットワーク上のすべての( A )と( B )に付与される。ルータは、必ず複数のポートを持ちポートごとにIPアドレスが付与される。IPアドレスを0と1のビット列であらわすのはわかりにくいので、IPv4では、32ビットのアドレスを8ビットずつ、ドットで区切り、さらに10進数で表現した「( C )」を行う。
 IPアドレスは、世界で一意的である必要があるため、( D )の元に地域別NIC(Network information Center)が担当している。日本では、APNICに属する( E )が担当しIP指定事業者であるJPRSを通して割り当てられている。
 当初IPアドレスを( F )、中規模ネットワーク用、小規模ネットワークなどに分けて、ネットワーク番号(アドレス部)とホスト番号(アドレス部)に分類したが、クラスAの大規模ネットワーク用アドレスでは、ホスト番号が( G )となり一つのネットワークが保有することが現実でなくなった。このためネットワークをさらにサブネットに分割してアドレスを振り分けることが行われる。ネットワークがサブネットに分割されていることを表示する方法として、( H )を利用することが行われる。
 もう一つの方法は、サブネット部を含めたアドレスのビット長を示す数字を、アドレスの後に付与する方法である。このビット長を示す数字を( I )値と呼ぶ。
 現在ではサブネット化が徹底され、クラスの概念を気にする必要がなくなり、ネットワーク部とホスト部のビットを任意ビットで分離した体系でルーティングする( J )が利用されることが一般的になっている。