教科 > 情報数学2 > 1 2008-10-03


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

情報数学2
時々課題 足りなかったら加味する
試験 演習と課題

授業内容

前期の復習
関係 離散集合
直積

関係グラフと関係行列

関係グラフ p.72
R⊂A×Bを表現するのに
	頂点から頂点へ矢印を引っ張りなさい

<sub>a</sub>R<sub>b</sub>∈,a∈A,b∈B つまり(a,b)∈Rのとき

* ○a → ○bとあらわすもの	
図5.2

同じものを関係行列というものでもあらわす

関係があったら	1
なかった	0

A ={a<sub>1</sub>,a<sub>2</sub>,....a<sub>m</sub>}
B ={a<sub>1</sub>,a<sub>2</sub>,....a<sub>m</sub>}




p.83 問5


関係行列の和と積
なにに関係しているのか

和
	R<sub>1</sub>⊂P×Q
	R<sub>2</sub>⊂P×Q
	
	R<sub>1</sub> +R <sub>2</sub>

R<sub>1</sub> = {(a,3),(c,1),(c,2)}
	001
=	000
	110

R<sub>2</sub> = {(c,2),(b,3)}
	000
=	001
	010

関係を表す記号
行列としても使う

普通に行列として足す
	各対応する要素のブール和として考える


001		000		001
000	+	001	=	001
110		010		110