教科 > ドイツ語 > 2008-10-07


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1.若い人たちは就職したり、大学の勉強を始めるときには(いつも)彼らは自分で自分のための住居を探します
2.その家が仕事場や大学の近くにあるとき、何人かの若い人たちは両親の家にとどまることもあります
3.それはより安くて簡単(な方法)です 
4.しかし、それは学生の中ではわずかおよそ20%ほどです 
5.そのほかは家から出て行きます 
6.ほかの街の大学に行くかもしれないから
7.あるいは彼らは単純に独立した自由気ままな生活をしたいのです
8.次のようなことを重要な経験とみなしています
両親のうちを去るという経験 ひとりで生活するという経験
彼らがいつか自分自身の家族を築く前に

彼らはいつか自分自身の家族を築く前に、
両親の家を離れて、ひとりで生活するということを
重要な経験だと思っています

9.そして大学生の住まいというのは独自のライフスタイルとみなされている
10.さぁ、ひとつのふさわしい住処を探すことをはじめましょう 
11.日刊紙の広告を読むか、自分自身で広告を出します
12.仲介業者(不動産屋)へ行くのはわずかな人々しか行きません。というのは仲介者は仲介料として2か月分以上の家賃を要求されるからです 
13.大学や学生食堂にある掲示板に申し出が張ってあります
14.ひとびどは知人(知り合いのグループ)に聞いて回る あるいは学生課に問い合わせる
15.そこ(学生課)で人々は学生寮の空き部屋に関していくらか知る
16.ドイツにはおよそ22万の学生寮が全体にあって、自由に使うことができる
17.学生の12%はそのような学生寮に住んでいる
18.しかし、大部分の学生は 一般の住居市場において 自分の部屋や下宿(アパート)を探す
19.ワンルームの部屋 (調理設備、シャワー、トイレのついた)住居が好まれます
20.そのような下宿はたいていはおよそ20平米の居住空間を提供します
21.ほかの人がもはやいらなくなった家具で即席で部屋を整えます
22.家具つきの部屋も存在します
23.通常は大学生は快適さを求めない
24.あまりにもたくさんの学生が各1台ずつ車を買うので、大学の前にある駐車場は不足しがちです
25.いくつかの下宿にはテレビが備え付けられています 電話はほとんどすべてに備え付けれれています
26.数人の借り手でそれをお互いにシェアするならば 住居をより広く、より快適にすることができます 
27.学生たちは好んでWGにすみます
28.その中には男性だけ、あるいは女性だけで生活しているものもありますが、混ざってる場合もあります
29.男性と女性が結婚してないときに一緒に住むということはドイツでは一般的になりました
30.住宅共同体ではそれぞれのひとは自分の部屋を持っています
31.台所とお風呂場は共同で使っています
32.共同生活のためには規則が見出さなければなりません
33.人々は次のようなことを注意します
個々の住宅共同体のメンバーがその性格においてお互いによく適合する
34.住居のために学生一人当たり広さと快適さに応じて、250ユーロあるいはそれ以上を支出することになると考えなければならない
35.学生の一ヶ月の予算のおよそ三分の一になります