教科 > ドイツ語 > 2008-10-21


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1 結婚することを決心するドイツ人は少なくなっている
2 それにも関わらず、結婚というものは未だに共同生活の支配的な形態である
3 成人を過ぎたドイツ人のおよそ60%は結婚しています
4 しかし、3組に1組は離婚の判決を受ける
5 推定によればドイツにはおよそ150万組の結婚によらない共同生活において生活しているカップルがいます
6 そしてそれはますます増えています
7 人々はもはや60年代のように"野蛮な結婚"とは言わなくなった
8 当時はそれらの生活の形はまだ公共道徳に反するとみなされていたから
9 今日ではそれは定着しました
10 法的にはそう言っても同棲はまだはるかに結婚と同等にされていない
11 結婚証明書なしの共同生活においては次のようなものがありません
税金控除、扶養控除 扶養権、相続権、遺族年金がもらえない
12 結婚へのもっとも大きな理由は子供です
13 現在の研究によると ドイツの若い人たちは無条件に結婚とは限りませんが幸せな共同生活を望んでおります
子供がいればいいなと思ってる

14 その際の動機は明らかに物質的な性格のものではありません
次のようなことが問題になっています
好意と安心感が問題であり、経済的な安定や豊かさが問題になるのではない
15 ドイツにおいては"子供の伴侶について"両親はもう長いこと影響力を持っていない
16 若いカップルはお互いを余暇、友達のサークル、仕事、大学での勉強、あるいは研修において見つける
17 ほかの道は新聞やインターネットの交際広告とか
18 その市場は大きいのに対して成功率はよくない
19 もし人が自ら結婚を決定したならば、人々は戸籍局へ行く
ほとんどの場合は何人かの友人や親戚といっしょに
20 戸籍担当官はスピーチをします
結婚宣言書を読み上げられ、花嫁と花婿がそれによってサインされる
21 カップルは指輪を交換します
22 さらに夫婦の姓は"別姓か同姓"に定められる
23 また二重姓も可能です
24 協会での結婚式ははるかに華やかです
25 しかし全体として協会との繋がりが弱まっているのでもともと少ない協会での結婚式もさらに少なくっている
26 異なる宗派のカップルの場合はカトリックかプロテスタントの形式かを決定しなければならない
27 たいていの場合はたくさんのお客が招かれます
28 花嫁は長い白いドレスを着ます
29 子供たちは花を撒きます
30 お祝いの音楽が礼拝の前後に演奏される
31 牧師が結婚のスピーチをします
32 結婚する人はお互いに承諾する
33 協会の式のあと、深夜までお祝いをする
34 古い時代の結婚式の風習は今日では一般的でない
35 花嫁誘拐という風習は残っている
36 あるいは"フォルターアーベント"結婚式前夜祭も残っている
たくさんの瀬戸物が割られる
37 そのことが幸運をもたらすということになっている