教科 > ドイツ語 > 2008-11-11


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1 . ドイツの失業率は高いです
2 . 失業率9.6%の状況では、しっかりした職に就けると喜びます
3 . それは定収入と社会的な保護と多くは良い労働条件を保障します
4 . それぞれの産業別労働契約についてそれぞれ労働条件が決まっている
賃金、労働内容、時間、休暇申請、その他諸々を決めてます
5 . 労働協約はソーシャルパートナーによって取り決められる
それは雇用者、被雇用者の代表として組合である
6 . 国は概則的法規を決める
しかし交渉には影響しない
7 . それぞれの産業別労働組合は上部組織を持っています
つまり労働組合総同盟
8 . ソーシャルパートナーの意見が調停手続きにもかかわらず、一致しないときには労働争議になる
9 . それから労働組合はストライキをする
10 . 雇用者は時々ロックアウトで反抗する
11 . 10km以上は離れていない仕事場に通っています
12 . 労働協約で取り決められた37時間くらいです
13 . 月曜から金曜まで働いています
14 . 週休2日で仕事は8,9~17、18時まで
もちろんお昼休みもあります
15 . それはさまざまなバリエーションを伴ったけれども、
もっともよくあるパターンです
16 . 時間外労働はますます増えています
17 . いくつかの会社では労働時間口座に記録して
業務においてすることが少ないときに振り替え休暇を与える
18 . 被雇用者は超過分の代休を取る
19 . 就職者は労働時間を短くしたいか、フレキシブルにするか、家族に優しいものにしたい
20 .
21 . フレックスタイムでは自分で労働時間を割り振る
22 . 在宅勤務者は自宅でコンピュータによって
23 .
24 .
25 .
26 .