※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

生まれ表(ROC)

父親、母親でそれぞれ、下記の職業表から選択し、ステータスと技能に加えること。
また、補正は絶対に加える必要は無い。補正を受けない代わりにコネクションを1つ得ることが出来る。
ここで得られる補正は重複しない。

2d6 職業 補正
1・1~2 傭兵 肉体のステータス+3
1・3~4 資産家 調達技能+1
1・5~6 武芸家 白兵行為技能+1
2・1~2 格闘家 体力技能+1
2・3~4 冒険家 探知技能+1
2・5~6 研究者 情報処理技能+1
3・1~2 教育者 理知のステータス+3
3・3~4 サラリーマン(一般家庭) 世情技能+1
3・5~6 エンジニア 整備技能+1
4・1~2 孤児(親が居ない) 感覚のステータス+3
4・3~4 聖職者 意思技能+1
4・5~6 著名人 話術技能+1
5・1~2 芸術家 芸術技能+1
5・3~4 軍人 陳情技能プラス1
5・5~6 権力者 文化のステータス+3
6・1~2 将校 軍事のステータス+3
6・3~4 指導者 軍略技能+1
6・5~6 犯罪者 隠蔽技能+1

コネクション(ROC)

NPCとの関係をデータ化したものです。
生まれ表、もしくはゲームのリザルト以外では取得できません。
また、取っていないからといってそのNPCと一切の関わりがないというわけではありません。
また、NPCだけでなくその組織そのものに対してのコネクションでも問題ありません。

2d6 感情名 説明
0・0 任意 任意
1・1 好奇心 彼はあなたの好奇心を刺激しているようだ
1・2 憧れ あなたは彼に憧れているようだ。
どの程度の気持ちかはわからないが
1・3 尊敬 あなたは彼の事を尊敬し、重要なものだと考えているようだ
1・4 仲間意識 あなたは彼のことを、目的や生き方が同じ仲間だと感じているようだ
1・5 母性愛 あなたは彼を自らの子供やペットの小動物のように思っているようだ
1・6 感心 あなたは彼の言動によく感心している。
どうやら、あなたは彼のことを大した人物だと感じているようだ
2・1 純愛 あなたは彼に対して愛情を持って接している。
彼がそれに気付いているかは別にして
2・2 友情 あなたは彼に友情を感じているようだ。
彼もそうであると素晴らしいのだが
2・3 同情 あなたは彼の境遇を哀れみ思いやっている。
彼にそれがどのような形で伝わっているかは分からないが
2・4 父性愛 あなたは彼を保護しようと感じているようだ。
あなたは彼に危険な目に遭って欲しくないと思っている
2・5 幸福感 あなたは彼と一緒にいることに心地よさを感じている。
彼もそう感じているとよいのだが
2・6 信頼 あなたは彼を信じ、頼りに思っている。
何かあると、彼ならきっとうまくやる、そんな風に思っている
3・1 競争心 理由は不明だが、あなたは彼に拘りを持っている。
あなたは彼に負ける訳には行かないと思っているようだ
3・2 親近感 あなたは彼と近い場所にいるような気がしている。
彼をまるで兄弟や姉妹のように感じているようだ
3・3 まごころ あなたは彼に対してまごころを持って接している。
彼に対して、嘘をついたり、ごまかしたりする気にはなれないようだ
3・4 好意 あなたは彼に対して、好意を持っている。
どうしてそうなったのか、どうしたいのかはあなたが決定する事
3・5 有為 あなたは、彼の事を有能な人物だと感じている。
彼と共にある事はプラスになる、そう感じているようだ
3・6 崇拝 あなたは彼のことを、神や聖人のように感じている。
彼の為ならば何でもすることが出来るだろう
4・1 大嫌い あなたは彼の事を嫌っているようだ。
なぜ、嫌らっているかは、あなたが決定すること
4・2 妬み あなたは容姿や性格、能力の事で、彼を妬んでいるようだ。
彼が、うまくやっても素直には喜ぶことは出来ない
4・3 侮蔑 あなたはある出来事によって、過去のことを軽蔑するようになった
4・4 腐れ縁 あなたと彼は別に望んだ訳でもないのにいつでも近い位置にいる。なぜかいつでも
4・5 恐怖 あなたはどうやら彼に恐れを感じているようだ
4・6 劣等感 あなたは、彼といると、どうしても自らが劣っているように感じてしまうようだ
5・1 偏愛 あなたは彼に対して強く出られない。
彼の望むような自分でありたいと思っているようだ
5・2 寂しさ あなたは彼が自らに近付けさせまいとしているのを感じているのだ
5・3 憐憫 あなたは彼を可哀想だと思っている。
ある意味、侮っているとも言えなくもない
5・4 闘争心 あなたは彼と馴れ合いではない、真剣な好敵手としての関係を望んでいるようだ
5・5 食傷 なんとなくあなたは彼のことを面倒だと感じている。
彼の相手をするのに飽きているようだ
5・6 嘘つき 彼は信頼に値しない。
何かの裏付けがなければ信じるつもりにはなれないだろう
6・1 甘え あなたは彼に対して甘えている素振りを見せる
6・2 苛立ち あなたは彼と親しくなりたくないと思っている。
一緒にいるとなぜか苛立ってしまうのだ
6・3 下心 あなたは、損得勘定で彼と節制ている。
もちろん、より親しい関係を望んでのことだろう
6・4 憎悪 あなたは彼のことを積極的に嫌っている。
何らかの理由で、彼のことを憎んでいるのだ
6・5 疑惑 あなたは彼の言動に疑いの眼差しを向ける。
どうやら、彼のことを何らかの理由で怪しんでいるようだ
6・6 支配 彼はあなたに対して、支配的な位置にいる。
なんというか、彼には逆らえない