協調介入


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

協調介入

協調介入とは、
為替相場の行きすぎを調整するために、複数の国間で為替レートを一定の水準まで誘導するよう、市場介入を協力して行うこと。
協調介入は、ある種の経済的なゆがみ、不均衡があり、それによって複数の国の利害が総合的に悪いと判断されるときに、当該国間で協議し行うものであり、為替レートを人為的に一方向へ操作するほどの強い影響力がある。ただし、協調介入を行っても、マーケットがこれを予測してすでに織り込んでいる場合があり、サプライズ感が無く大きな影響を与えない場合もありえる。
協調介入は為替レートの誘導目標を公開するのが普通であり、これによって市場参加者の思惑売買を誘導するため、大きな影響力を持つ。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。