※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

登場人物


劇団つきかげ


  • 北島マヤ(きたじま まや)
 主人公。 千草に才能を見出され女優に。 千の仮面をもつ。

  • 月影千草(つきかげ ちぐさ)
 劇団つきかげ主宰で、マヤの師匠。 名作「紅天女」の主役を務めたことのある人物。

  • 青木麗(あおき れい)
 劇団つきかげ所属の女優。 マヤと同居中で、色々気苦労が多そう。 女性ファンが多い。

劇団オンディーヌ


  • 姫川亜弓(ひめかわ あゆみ)
 マヤのライバル。 女優の母と映画監督の父をもつサラブレッド。 実力派女優。

  • 桜小路優(さくらこうじゆう)
 オンディーヌ所属の俳優。 マヤに一目ぼれした。 現在舞と付き合ってるが…。

  • 小野寺一(おのでら はじめ)
 演出家、劇団オンディーヌ理事長。 「紅天女」の上演権を手に入れる事に必至。 一様「紅天女」の演出家候補になっている。

  • 麻生舞(あそう まい)
 劇団オンディーヌの研究生。 桜小路に好意を寄せ、付き合っている。 マヤと桜小路の関係が気になる。

大都芸能


  • 速水真澄(はやみ ますみ)
大都芸能の若手社長。 42巻には完全に冷血漢からヘタレに転身。 43巻が心配。

  • 水城冴子(みずきさえこ)
真澄の秘書。 一時はマヤのマネージャーに。