第434回 toto GOAL2 考察


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

これらの数値は今期の試合の結果から計算して導き出しているため、カードによってはJ1とJ2の得失点の確率の上下が逆転するというおかしな現象が起きておりますが、あまり気にしないで下さい。

第434回 toto GOAL2 天皇杯準決勝
独自に計算した数値
NO. チーム 0 1 2 3
01 名古屋 26.83% 36.59% 26.83% 9.76%
02 清水 26.83% 21.95% 31.71% 19.51%
03 G大阪 32.61% 32.61% 25.00% 9.78%
04 仙台 19.57% 38.04% 20.65% 21.74%

色つきの解説

固定マーク候補に推奨する買い目
赤字  投票率を約11%以上上回った数値
青字  投票率を約6~10%程度上回った数値
緑字  投票率を約0~5%程度上回った数値
桃字 投票率を下回ってはいるものの、25%以上の数値
黄字 対戦相手が下級カテゴリーながら投票率を下回った数値、若しくは20%を下回った数値(共に2&3得点と0&1失点)

基本的にランダム以外で抑えるべきでない買い目
白字  対戦相手が上級カテゴリーながら投票率を上回った数値、若しくは20%を上回った数値。(共に2&3得点と0&1失点)
紫字 投票率を上回ってはいるものの、20%以下の数値
黒字 上記7種に当てはまらなかった数値。

実際の投票率(2009年12月26日(土) 22時36分時点)
NO. チーム 0 1 2 3
1 名古屋 20.03% 34.55% 30.56% 14.86%
2 清水 25.63% 37.68% 25.34% 11.35%
3 G大阪 16.68% 30.52% 32.37% 20.43%
4 仙台 32.84% 37.28% 20.31% 9.57%

01 名古屋:チームナンバーは奇数となっているが実質アウェイ。今季のAは1得点が1番多かったので1中心。3の可能性は低い。
02 清水:チームナンバーは偶数となっているが実質ホーム。今季の名古屋のAは無得点か2得点が多く、0か2が中心。特に2は買い。
03 G大阪:ここは前回の川崎同様ランダムに託した方が良し。今季の仙台は2失点がたったの10試合、3失点以上は一つもなし。
04 仙台:今季の仙台は1得点が全体の4割近くを占めるので1軸のランダムで。

こちらは勝率をば。
これらの数値は今期及び近戦の試合の結果から計算して導き出しているため、カードによってはJ1とJ2の勝率が逆転するというおかしな現象が起きておりますが、あまり気にしないで下さい。

NO. ホーム アウェイ 1 0 2
01 名古屋 清水 30.76% 25.64% 43.60%
02 G大阪 仙台 28.44% 26.08% 45.49%

01 名古屋―清水:終盤は全くダメだったが中盤までの状態に近いように修正できれば清水の方が安定度で上だろう。
02 G大阪―仙台:仙台が下克上を起こす可能性は充分。カップ戦を勝ち進んだ方がいろんな意味で不利になるというこえもあるが、田舎の貧乏球団であろうと、プロを名乗る以上は名誉を取ってほしい。以上、福島に負けた桜サポより。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。