第435回 (2010・3・6~7)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

435回 totoGOAL3 J1第1節
チーム 0 1 2 3
広島 22.79% 25.58% 23.72% 27.91%
清水 30.04% 47.13% 13.86% 8.96%
鹿島 17.34% 41.59% 30.34% 10.73%
浦和 36.52% 48.21% 8.77% 6.51%
川崎 19.03% 31.72% 34.33% 14.93%
新潟 36.16% 44.18% 15.82% 3.84%

色つきの解説

固定マーク候補に推奨する買い目
赤字  投票率を約11%以上上回った数値
青字  投票率を約6~10%程度上回った数値
緑字  投票率を約0~5%程度上回った数値
桃字 投票率を下回ってはいるものの、25%以上の数値
黄字 J1:対戦相手との仮想ポイントの差を34ポイント以上上回りながら投票率を下回った数値、若しくは20%を下回った数値。
J2: 対戦相手との仮想ポイントの差を51ポイント以上上回りながら投票率を下回った数値、若しくは20%を下回った数値。(共に2&3得点と0&1失点)

基本的にランダム以外で抑えるべきでない買い目
白字  対戦相手との仮想ポイントの差を ポイント以上下回りながら投票率を上回った数値、若しくは20%を上回った数値。
J2: 対戦相手との仮想ポイントの差を ポイント以上下回りながら投票率を上回った数値、若しくは20%を上回った数値。(共に2&3得点と0&1失点)
紫字 投票率を上回ってはいるものの、20%以下の数値
黒字 上記7種に当てはまらなかった数値。

なお、チーム別仮想ポイントについてはこちらを参照
実際の投票率に関してはこちらへ

01 広島  占い結果 1  昨年と比べて攻撃力は多少下がったのかも知れないが・・。ギリギリ固定の条件に入っている程度。余談だが3が最も高い数字になった。
02 清水  占い結果 1  昨年度のAのデータでは1得点が殆ど。さほど改善されたとは思えない。
03 鹿島  占い結果 2  チームの完成度から言えば断然上。以上。 
04 浦和  占い結果 0  PSMとは言えJ2の徳島に負けるようなチームが鹿島に勝つとは思えない。ましてや、昨年のAでの戦績の酷さから改善されているとは・・
05 川崎  占い結果 1  ジュニーニョ、ケンゴの欠場がどう響くか・・
06 新潟  占い結果 2  相手の不幸に付け込めるかというところだが、今の新潟はそれ以上に・・・。これはランダムにせざるをえない。

435回 toto J1第1節&J2第1節
NO. ホーム アウェイ 1 0 2
01 湘南 山形 53.11% 27.43% 19.46%
02 磐田 仙台 30.20% 26.35% 43.45%
03 広島 清水 51.39% 24.69% 23.91%
04 鹿島 浦和 50.92% 29.74% 19.34%
05 川崎 新潟 53.40% 26.90% 19.70%
06 F東京 横浜M 45.95% 27.07% 26.99%
07 G大阪 名古屋 39.51% 26.77% 33.72%
08 神戸 京都 55.26% 25.79% 18.95%
09 大宮 C大阪 30.96% 26.62% 42.42%
10 鳥栖 札幌 35.06% 27.01% 37.93%
11 福岡 甲府 27.48% 33.17% 39.35%
12 徳島 草津 41.53% 27.39% 31.08%
13 水戸 栃木 39.85% 26.41% 33.74%

色つきの解説
固定マーク候補に推奨する買い目
赤字  投票率を約11%以上上回った数値
青字  投票率を約6~10%程度上回った数値
緑字  投票率を約0~5%程度上回った数値
桃字 投票率を下回ってはいるものの、25%以上の数値
黄字 J1:対戦相手との仮想ポイントの差を ポイント以上上回りながら投票率を下回った数値、若しくは20%を下回った数値。
J2: 対戦相手との仮想ポイントの差を ポイント以上上回りながら投票率を下回った数値、若しくは20%を下回った数値。(共に2&3得点と0&1失点)

基本的にランダム以外で抑えるべきでない買い目
白字  対戦相手との仮想ポイントの差を ポイント以上下回りながら投票率を上回った数値、若しくは20%を上回った数値。
J2: 対戦相手との仮想ポイントの差を ポイント以上下回りながら投票率を上回った数値、若しくは20%を上回った数値。(共に2&3得点と0&1失点)
紫字 投票率を上回ってはいるものの、20%以下の数値
黒字 上記7種に当てはまらなかった数値。

なお、チーム別仮想ポイントについてはJ1はこちら、J2はこちらを参照
実際の投票率に関してはこちらへ

01 湘南―山形  占い結果 0-0 →0  湘南が無得点に抑えられる可能性は低いが・・。開幕なので昨年のデータが重視されるため、昇格組みが絡むとおかしな数字になるが、山形相手なら妥当か。
02 磐田―仙台  占い結果 1-3 →2  仙台の攻撃力がどうこうより、磐田の守備陣が改善されているとは思えない。湘南―山形同様、昇格組み絡みだが、磐田相手なら妥当か。
03 広島―清水  占い結果 1-1 →0  清水が勝ち点を得るには1失点以下に抑えるしかない。チーム構成も殆ど変化しておらず、得点力が上がってはいない。ここはランダムで。
04 鹿島―浦和  占い結果 2-0 →1  toto GOAL3の項を参照。 
05 川崎―新潟  占い結果 1-2 →2  toto GOAL3の項を参照。ここはランダム使用。
06 F東京―横浜M  占い結果 2-2 →0  そもそも横浜Mの監督選びはわざと降格を狙っているとしか思えない。ただF東京も状態がいいとは言えず、勝ちきれない可能性も。
07 G大阪―名古屋  占い結果 2-0 →1  チームに成熟度や連携力からすれば妥当か。
08 神戸―京都  占い結果 1-1 →0  昨年は神戸はHでの戦績が良く、京都のAでの戦績が酷かった。固定は1以外お勧めできない。よってランダム。
09 大宮―C大阪  占い結果 0-3 →2  塚本選手には申し訳ない占い結果になったが、C大阪はここで勝てれば、残留に向けて大きなアドバンテージを取れる。ただ、チーム構成が大きく変わったチームというのは、連携面での不安が残るものだがはてさて。それはそうと、塚本選手の回復を心から願う。
10 鳥栖―札幌  占い結果 1-3 →2  鳥栖は戦力ダウンがかなり激しい。投票率・このページで掲載している勝率ともに均等な数値になってるが、実際はもっとチーム力の差が開いているはず。
11 福岡―甲府  占い結果 0-0 →0  下位チームとはいえ、上位いじめの多かった福岡と、下位に優しかった甲府。お互い守備力はそこそこ高く、戦力の入れ替えの激しい甲府は連携で遅れを取る可能性も。ここはランダムで。
12 徳島―草津  占い結果 3-0 →1  戦力差が大きい。草津の戦力ダウンが激しい。
13 水戸―栃木  占い結果 2-2 →0  昨年の順位こそ水戸の方が上だったが、水戸は大きく戦力ダウン。栃木は連携力こそ疑問視されるが戦力的には今では水戸より上。


第435回 対象外試合 J2第1節 
NO. ホーム アウェイ 1 0 2
14 岐阜 富山 37.08% 28.97% 33.95%
15 大分 53.92% 25.44% 20.64%
16 熊本 千葉 26.11% 30.81% 43.07%
17 横浜C 北九州 30.75% 26.18% 43.07%
18 愛媛 岡山 42.86% 26.52% 30.62%

14 岐阜―富山  占い結果 2-3 →2  点取り合戦に発展する可能性は無さそう。なった方が面白そうなのだが。
15 柏―大分  占い結果 3-4 →2  柏が3点取る可能性ならまだしも、今の大分には・・。こいつはさすがに無茶だぜorz。
16 熊本―千葉  占い結果 2-0 →1  熊本は得点力ならそこそこあるが、守備力は信用出来ん。いくら昨年度の千葉のデータが活用されているとはいえ・・。
17 横浜C-北九州  占い結果 3-3 →0  これも無理。昨年のデータを使用しているため、横浜Cのチーム連携の不安を考えても、おかしな数値になっている。
18 愛媛―岡山  占い結果 0-0 →0  こんなもんかな。この2チームには客を呼べる試合をして欲しい。

※ 追記予定あり

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。