トップページ

GingaXへようこそ


Twitterは @gingaxx (最近ご無沙汰しています。)
ご意見、ご感想、ご質問が有りましたら掲示板でお知らせください。

IoTなESP-WROOM02

このワンチップでインターネットに繋がります。
しかもワンコインで手に入る。開発はArduinoの環境で開発できます。
インターネットに繋がると色々やりたくなります。

外出先からパソコンの電源を入れてリモートする


パソコンの電源管理をESP-WROOM02にさせてみました。
スマホアプリは、Blynkを利用しています。
リモートソフトは、TeamViewer を利用しました。
個人利用は無料で、電源さえ入っていれば簡単にリモートできます。

  --> 続きは、こちらへ




インターネットから取得した、時間と天気予報を以前に紹介した液晶に表示しました。






----


OBDによるカーモニターシステム



CNCフライス盤の自作

パソコン制御のフライス盤を作ってみたくなりました。
目標は、基板作成やアクリルケース作成、彫刻です。










BeagleBone Black

BeagleBone Blackが性能アップして安くなったというので買っちゃいました。
Raspberr Piみたいな、Linuxマイコンボードです。


Raspberry Piのシリアルポートにe-DISPを繋いでみました。


e-DISPとは、シリアル(3.3V~5V)で利用できる2.4インチの液晶です。
http://www.ddlab.jp/shop/edisp/syouhin.cgi
私が持っているのは初期型ですが、マイコンに繋ぐのに便利です。
配線は、Raspberr PiのTX(8pin)とe-DISPのRX,+5V(4pin),GND(6pin)の3本を接続するだけです。
e-DISPの設定は、115200BPSにします。(JP1,JP2ショート)
起動状態も見れていい感じです。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|