PSPの液晶にSH-2Aを接続


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

PSPの液晶に表示


PSPの液晶との接続にaitendo液晶キャリーボードを利用してます。
接続ケーブルは、これが簡単です。
ただしこのキャリーボードは改造したほうが良いし、マニアルのコネクターの端子名は間違っているので苦労もしました。
(激安ジャンク品として扱ってあります。)
そこで接続図と改造箇所を公開します。

接続図



LCD_DEは現在接続していません。
省略しているLCD_DATA信号は、下位DATA
と接続します。
キャリーボードのピン番号です。
  ピン17-18-19-20を接続
  ピン27-29-30を接続
  ピン37-38-39-40を接続

キャリーボードの改造箇所

改造しなくても表示はしますが、許容範囲以上の電圧となりますので
お勧めできません。
VCCを3.3Vにします。 改造しないとVCCに5Vがかってしまいます。
LED用電圧の安定の為にコンデンサーと抵抗を追加します。
これによりキャリーボードの発熱を抑え表示ノイズを減らします。
抵抗(120Ω)コンデンサー(4.7μF/63V)は適当に手持ちのを使いました。

1、R2を取る
2、DIP11の8ピンとC2の下をジャンパーで接続します。

3、コンデンサーC6と並列に4.7μFを追加、耐圧30V以上
  (上がマイナスになります。)


4、LED電流制限抵抗の追加
カットしたネガの両端を100Ωぐらいの抵抗でつなぎます。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|