SDカードブート

液晶表示とSDカードよりブート出来るようにしました。
起動メニュー対応もしました。
グラフィカルにしました

ハード

Interface7月、9月号を参考にしました。
MicroSDアダプターに直接ハンダ配線しています。
したがってカード検知、ライトプロテクトはありません。


配線

Interface7月の64ページと同じです。
プルアップの抵抗は、ブロック抵抗100KΩを使いました。


ソフト

InterfaceホームページのSD/MMCカード対応ブート・ローダを使用しました。
カード検知は、無しに修正
mmc.c
#define	_USE_CD	0 /* カード検出スイッチを使用  1  */
#define _USE_WP	0 /* ライトプロテクトスイッチを使用  0 */

SDカードをFATでフォーマットします。
プログラムのバイナリーをapp.binの名前で書き込みます。
SH-2Aには、ROM化ユーザ・プログラム書き込み用プログラムを使用してブート用プログラム ff_loader.bin を書き込みます。

ジャンパJPP2をショートして電源をいれるとSDカードからapp.binを読み込み実行されます。

ファイルシステムの実装はSD/MMCカード対応ブート・ローダのプログラムを利用すれば良いみたいです。

ブートプログラムの改良

InterfaceホームページのSD/MMCカード対応ブート・ローダを改良し液晶表示出来るようにしました。



ブート選択メニューを追加


アナログジョイスティックとスイッチで起動プログラムを選択するようにしました。
ハード的に同じ構成は、あまりいないでしょうが、参考にどうぞ

  • おお!いつの間にか完成してましたね。
    これって選択した後にメニューに戻るのは、リセットでしょうかね?
    ジョイスティックとボタンがあるので、本当にゲーム機ですね。
    写真のGAMEを選択すると何がでるのだろうか?(PONGかな?) -- carcon999 (2010-10-11 23:11:12)
  • 正解w メニューに戻るのはリセットボタンです。
    PSPでいう△ボタンがリセットになっています。
    それが、一番簡単で確実です。
    まずは、SDカードで、ディレクトリー、ファイル内容の表示をしたいと思っています。
    GAMEはその後ですね。 -- GingaX (2010-10-12 21:32:39)
名前:
コメント:






|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|