Xbee


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ZigBeeと共通の無線規格(IEEE802.15.4)


モジュールも色々ありますが、用途別にファームウェアを入れ替えて使用します。
透過モードとAPIモードの2種類とコーディネータ(親)、ルータ(中継)、エンドデバイス(子)を組み合わせます。
最低構成は、コーディネーターとエンドデバイスになります。
XBeeは、新旧があり設定も違います。ここの情報は新でXBeeにはS2と書いてあります。


コーディネーター aitendoのUSB-UART変換モジュールを利用

USB-USRTは、3.3Vの物を使用してください。

接続
 UART     XBee  (pin)
 3.3V  VCC   (1)
 RXD  DOUT   (2)
 TXD  DIN   (3)
 RSSI   (6) 1KΩ-LED-GND 通信時光ります
 GND  GND   (10)

2mmピッチの変換基板を買い忘れたので必要なピンだけを2.5mmのボードにハンダしましたw

設定 Digi社が提供しているツールX-CTU

今回は簡単なATモードで通信しました。

コーディネーターを設定

  FunctionSetは、ZIGBEE COORDINATOR ATを選択
  Show Defaults を押してデフォルト設定にする
              ID - PANID                     -> ネットワーク共通のIDを設定します
              DL - Destination Address High  -> 子機の裏に書いてある上位6桁
              DL - Destination Address Low   -> 子機の裏に書いてある下位8桁 
  Always Update Fimware にチェックを入れて Write のボタンで書き込みます。

エンドデバイスの設定

  FunctionSetは、ZIGBEE END DEVISE ATを選択
  Show Defaults を押してデフォルト設定にする
              ID - PANID                     -> コーディネーターと同一IDを設定します              
  Always Update Fimware にチェックを入れて Write のボタンで書き込みます。

Arduinoでループバックテスト

X-CTU の Range Test でループバックテストが出来ます。
本来はエンドデバイスのdinとdoutをショートさせてテストしますが、簡易的に行うためにエンドデバイスのArduinoに
下記のプログラムを入れてテストしました。
通信スピードをどこまで上げれるかは試していません。
Badの数字が失敗した事になります。

int var;
void setup() {                
  // initialize the digital pin as an output.
  Serial.begin(9600);	// 9600bpsでポートを開く
}
void loop() {
  var = Serial.read();
if (var>0)
  Serial.print(var,BYTE);
}






















参考リンク








|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル