Raspberry Pi

販売は、RSオンラインから注文します。http://jp.rs-online.com/web/
6/20日に注文して、7/25日に到着しました。
ユーロで購入したのは、初めてでチョット心配しました。

リンク

Raspberry Pi財団

最初はここからなのでしょうが当然英語、

ひとりぶろぐ

LチカやTwitter投稿について書いてありLinux初心者には大変参考になりました。

JP:R-Pi Hub

Wiki 日本語なのがウレシイ。これから充実してくると期待します。

武蔵野電波

35ドルPC“Raspberry Pi”でUnix流LEDチカチカ!






OSはLINUXですが、GPIO端子が有りマイコンのように外部制御やセンサー入力もできます。
ディスプレイはHDMIで、通常のテレビも使用出来ます。

Raspbian “wheezy”


起動中

X-Window起動

日本語化のリンク





OSのインストール

ダウンロードのページには3種類のLINUXが用意されています。
Androidも出るみたいです。
Arch Linux ARMを入れて見ることにします。
ダウンロードしたら、 Win32DiskImager(Windows用)を使いSDカードに書き込みます。
このようなエラーが出ましたが続行します。その前にWindows7だと警告もでます。

イメージファイルを選択、ドライブを指定して書き込みます。

起動します
root/rootでログインできます。

ネットワークから TeraTermのSSHでログインしました。

電源切るのは
shutdown -h now

Webサーバのインストール

pacman -S nginx

Webサーバの起動

rc.d start nginx 

Webサーバの自動起動

エディタで変更します。

vi /etc/rc.conf
下記行に nginx を追加します。
DAEMONS=(!hwclock syslog-ng network openntpd @netfs @crond @sshd nginx)

Webmin

install

sudo apt-get install perl libnet-ssleay-perl openssl libauthen-pam-perl libpam-runtime libio-pty-perl apt-show-versions
wget http://prdownloads.sourceforge.net/webadmin/webmin_1.590_all.deb
sudo dpkg --install webmin_1.590_all.deb

パスワードの設定

sudo /usr/share/webmin/changepass.pl /etc/webmin root <password>

リモートディスクトップで接続する

sudo apt-get install xrdp









|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|