ESP-WROOM-02 WiFiの設定を簡単にするWiFiManager

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Arduinoでの無線LAN設定は、プログラム内にSSIDやパスワードを入れたくないです。
WiFiManagerを使うとよいみたいで、Webをみていると簡単な記載で可能みたいなのでやってみました。
参考にしたWeb情報にDATAフォルダーをアップすることが書いて無いようだったので、色々試行錯誤してしまいました。

インポートするライブラリ


フラッシュメモリにファイルをUPLOADます。

 mgo-tec電子工作参考
 ( https://www.mgo-tec.com/spiffs-filesystem-uploader01-html )

AutoConnect.inoと同じフォルダーにDATAフォルダーを作り下記3つのファイルを\WiFiManager-master\extras からコピーします。
 parse.js
 template.h
 WiFiManager.template.html

ツール -> ESP8266 Skech Upload を実行するとDATAフォルダーの中身がフラッシュメモリに書き込みされます。

後は、プログラムを書き込みます。

シンプルなプログラム <AutoConnect.ino>
#include <ESP8266WiFi.h>          
//https://github.com/esp8266/Arduino
#include <DNSServer.h>
#include <ESP8266WebServer.h>
#include <WiFiManager.h>         
//https://github.com/tzapu/WiFiManager
void setup() {
    WiFiManager wifiManager;
        //      wifiManager.resetSettings();     //設定削除
    wifiManager.autoConnect("AutoConnectAP");
}
void loop() {
}

使い方


 ESP8266のアクセスポイントにスマホから接続します

 ブラウザからhttp://192.168.4.1 にアクセスします。

Configure WiFi をクリックすると無線LANの設定が出来ます。

一度設定すると次から自動的に接続されます。


設定を削除したいときは、

プログラム内で wifiManager.resetSettings(); を実行します。








|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|