※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

騎乗

安定した騎乗ができないのであんま言える立場じゃないんですがこれだけは気をつけようという最低限の部分をとりあえず書いておきます。(滝式)

  • パドックで馬の状態をチェックする
    • 状態によってスタート時の手応えの量が違うので仕掛けポイントも変わってきます。また、イレ込んでいる場合はスタートの針が早いので注意しましょう
  • スタートの針は合わせる
    • 中途半端にちょっとだけズレるのが一番良くないです。その馬の脚質にとってマイナスになる方向の影響が出てしまいます。(逃げ馬であれば出が悪くなる方向、追い込み馬であれば出が良すぎる方向)
  • スタート直後から道中は青色で走る
    • 道中十分に手応えを貯めるため、また騎乗点数を出すためにコンディション青をキープしましょう。明るいオレンジのサブ脚質がある場合はなんとかなりますが、暗いオレンジや黒色の脚質で走るのは避けましょう
    • スタート直後はオーバーペースと表示されてもいいのでその馬に合った位置取りを確保しましょう
  • 手応えは使いきる
    • 手応えを余らせてゴールしてもいいことは何もないので余らないように仕掛けましょう


毎回ただ漠然と乗ってるだけでは騎乗技術はなかなか上がらないと思います。
  • パドックでうまい人の馬のパラやアビなどをチェックして、マークもつけておき、どういう乗り方をしているか観察
  • パドックでレース全体の展開や自分の馬の位置などを予想してみる
  • 毎レース自分で課題を設けてみる
などちょっとしたことに気をつけるだけでもかなり変わるはず。

レース後に騎乗点数を確認するのもお忘れなく。
その場合も今回は○○点ぐらいかなと予想してから結果を見るようにしましょう。

GROに限らず「予想・推測」して「結果」とのズレを見ることが大事^^

コメント欄

名前:
コメント: