ストーリーあらすじ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

愚者と聖者と。@wiki


あらすじ

主人公のフレイル・デイトンは祖国を飛び出し10年ほどが過ぎた。

巨大国家グレゴール帝国のとあるカフェでグレインティーを飲んでいると(ここ重要)隣りから昔話が。

内容はグレゴールと隣国のグレオールの戦争で活躍したグレゴールの英雄「バンビ」

そして、一通り話を聞くと子供に読み聞かせしていた栗色の髪の毛の女性を見送り、ぶらぶらと歩いていると女に話しかけられる。

話されたのは、剣術の師でもあり親の代わりでもあったグミエル・オーブイルの死亡。

そのことを聞き、落胆するフレイルであるが女から「神殺し」という儀式を教えられる。

地上に堕とされた七体の神を殺すことで願いをかなえることができる。

それを聞いたグミエルは女と共に旅に出ることを決意する。






登場国とその関係

等をご活用ください


下界の登場人物。


登場人物(神)


バグ・不具合を見つけたら? 要望がある場合は?

お手数ですが、メールでお問い合わせください。