※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

行政が行う以下の3種のコミュニケーションを研究対象とする。

1 行政施策の広報や政策形成に資する広報である「行政広報」
2 地域のもつ多様な資源や魅力を地域内外に広報する「地域広報」
3 地域のサスティナビリティを確保するための地域リスクコミュニケーション
上記の研究にあたっては、行政が地域経営のアクターの一つであることを前提とする。
この前提から、行政と他のアクターである企業及びNPO、市民と、どのようなコミュニ
ケーション構築、連携、あるいは結果的な役割分担が行われることにより、的確な行政広報、
地域広報及びリスクコミュニケーションが行われるかを明らかにすることを研究目的とす
る。
研究の成果として、
1 上記の3分野にわたる「自治体広報戦略」への提案
(以下は本年度の成果としてではなく、継続的な研究により期待される成果として)
2 地域における情報共有及び活動支援等を目的として形成される「地域プラットフォー
ム」構築、運営への指針提示
3 地域ブランドの形成、発展のための的確な広報手法の提示
等が、期待される。