牧薩次


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


 「仮題・中学殺人事件」でデビューした、辻ミステリワールドの名探偵第1号。
 名前は、辻真先(つじまさき)のアナグラム。
 初登場時は推理作家志望の海東中学二年生。
 西郊高校を経て、東西大学まで進学し、卒業後はそのまま推理作家を生業としている。
 ジャガイモのようにデコボコした容貌から、ポテトと呼ばれている。

 おとなしくはったりが効かない性格であるが、推理力は抜群で、小説だけではなく現実の事件にも何度も関わってきた。
 その一方、心優しいヒューマニストで、逮捕された犯罪者に対して思いやりを見せたり、本当の悪に対しては強い憤りを示したりしている。
 また、彼の書く劇中小説がドラマとからんで、読者や編集者など小説外の人物をも巻き込むメタトリックを作り出すこともある。

 中学以来の相棒である可能キリコとは高校時代からはっきりと恋人同士に発展し、その愛情は深く強固になっていった。しかし、推理作家として決定打と言える作品がなかなか出せなかったため、長い間結婚に踏み切れずキリコや周囲をやきもきさせていた。1997年の「本格・結婚殺人事件(未)」でようやくキリコとゴールインする。

 2008年には「完全恋愛(未)」が牧薩次名義で現実に出版され、ファンを驚かせた。

 2013年「戯作・誕生殺人事件(未)」で、キリコとの間に愛娘が誕生し、これを機に長年の活躍にピリオドを打った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。