湾岸鉄道殺人事件


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

amazon plugin Error : amazonから画像データを取得できませんでした。時間をおいて再度実行してください。また、image=(画像URL)パラメーターを利用することで、画像データを取得せず表示することができます。
1994年11月
ケイブンシャノベルス(新書)

克郎&智佐子シリーズの最終作。
出版社が新潮社からケイブンシャに移り、「資料のみの取材」「幕間に登場する作者と編集者」「ゲストキャラクターが探偵役」というシリーズの定型が使われていない。
また、萱庭カヤ三田社長(未)ら、シリーズのセミレギュラーも登場しない。
逆に、「~殺人事件」にトレンドの事物を冠したタイトルや、マスコミ関係者をめぐる事件などは、薩次&キリコシリーズの趣があり、主役のみを可能夫妻に譲っているという印象が強い。薩次キリコは脇役として登場している。

舞台は、当時開発が進んでいた東京から千葉にかけての湾岸地区が中心となる。
事件は、湾岸を走る京葉線の中で、地方TV局のプロデューサー富井が毒殺されるところから始まる。またも殺人現場に居合わせた可能克郎は、愛妻・智佐子とともに、富井の人間関係を追う中で、連続殺人事件へと巻き込まれていくことになる。

事件関係者であるタレント星中るゐの所属先として、久々にユノキプロ関(未)マネージャーも登場している。

事件を複雑にした富井の数奇な人間関係との対比で確かめられる、克郎と智佐子のピュアな絆が印象的。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。