桂真佐喜


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

仮題・中学殺人事件」のもう一人の主人公。
中学生の少年推理作家で、長編デビュー作を執筆中。
乗り合わせた旅客機が自衛隊機と接触した事故のため、母親を失い両足の自由を失っている。奇跡の生存者として話題になったが、作家デビューは事故の前から決まっていた。
同じく事故で両親を失った加賀美清子は隣人で、足の不自由な真佐喜の面倒をよく見ているが、真佐喜から寄せられる恋心には気づいていないらしい。
事故の責任者である林一曹が謎の死を遂げたことについて、ある疑惑を抱いている。
真佐喜ルートの物語では、薩次やキリコの物語の作者となっている。

この桂真佐喜は、作者のもう一つのペンネームであり、自身の本の巻末解説を桂名義で行うこともある。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。