朝日正義


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

迷犬ルパンシリーズ」の副主人公。
 警視庁捜査一課の若手刑事で、ルパンの飼い主。おでん屋の屋台で好物のゲソをルパンに奪われるという形で出会い、下宿先の川澄家が飼っているサファイア(未)といい仲になったルパンが、なし崩し的に川澄家に転がり込んできた。ルパンと協力して事件を追ううちに、事実上ルパンの保護者となっている。(朝日が登場しない『東海道本線殺人事件(未)』では、キリコに“ルパンに飼われている刑事さん”と言われている)

 九州出身で、世間のイメージする“九州男児”を実体化させたようなキャラクターである。本来は長身の二枚目だが、ルパンにからかわれて三枚目を演じることも多い。写経が趣味という古風さで、質実剛健な性格だが、正義のためには後先を考えずに突っ走る癖があり、その真っ直ぐな行動が他者の目にはコミカルに映ることもある。そのため、「体力勝負の張り込みには向いているが、知恵の輪を解くには向かない」とまで酷評されている。

 しかし、刑事としての能力は確かで、犯罪を追う熱意は誰にも負けないものがある。
 ルパンの盗癖やいたずらに悩まされるたびにを「スキヤキにして食ってしまうぞ」といきまくが、実際には相棒としてのルパンを信頼している。
 亡父の忠義(未)川澄夫人やその亡夫と中学時代の同級生だった縁で、川澄家に下宿している。長女ランとは恋仲であるが、健全な交際にとどまっている。

三毛猫ホームズ」の飼い主・片山義太郎とは、捜査一課の同僚。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。