ブーゲンビリアは死の香り シンガポール3泊4日死体つき


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1984年6月
新潮文庫

 克郎&智佐子シリーズの第1作。多くの作品でワトスン役をつとめてきた可能克郎が、萱庭智佐子というパートナーを得て、主役に昇格した作品。

 克郎と、ツアーコンダクター智佐子との奇妙な出会いから物語は始まり、その克郎が智佐子の引率するシンガポールツアーに参加して、連続殺人事件に巻き込まれていく。
 物語の主軸は、初めての担当ツアーで連続殺人事件に見舞われる智佐子と、彼女への思いを募らせながら事件に巻き込まれていく克郎との恋愛模様である。失恋直後で、しかも元恋人がフィアンセとツアーに参加しているという状況の中、明るく元気に事件に立ち向かう智佐子の姿は好感が持てるものであり、その智佐子を陰ながら助けようとする克郎の姿も読者の共感を誘う。
 また、トラベルミステリーとして、舞台であるシンガポールについての蘊蓄が豊富に盛り込まれており、主軸である数々の事件も、死体消失あり、敵の襲撃あり、意外な犯人ありと、見せ場が連続している。
 隠れたテーマとして、マンガやアニメの海外進出に伴う諸問題が語られていることも、また作者らしい。
 他の作品にも多数登場している坂西弥太郎(未)よね子(未)夫妻が登場し、渋い活躍を見せているのも見所である。

 ある日、克郎は通りすがりの女性・智佐子から「恋人になってください」と声をかけられる。それは、元恋人・井崎との別れ話に同席し、智佐子のプライドを保つために新しい恋人を演じて欲しいという頼みであった。
 しかし、智佐子が初担当となるシンガポールツアーには、井崎とそのフィアンセ・榛名歌子、そして克郎も参加することになる。
 揺れる心を抑えながら、ツアーを引率する智佐子。しかし、ホテルで歌子が失踪したのを皮切りに、このツアーは謎の連続殺人事件に巻き込まれていく。

映像化
『火曜スーパーワイド 美人ツアコン婚前旅行殺人事件 南太平洋フィジー楽園の旅』
1990年2月20日20:00~21:48 ANN系放映
  • 脚本 長野 洋
  • 監督 日高武治

(以下、詳細不明のため、ネット上の情報から推測したキャストを記します)

  • 萱庭智佐子:美保 純
  • 可能克郎:田村 亮
  • 井崎総一:速水 亮



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル