ユーカリおばさんシリーズ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

伊豆高原で人形アトリエ「銀の鈴」を開いている熟年女性・亀谷ユーカリユーカリおばさん)が、孫娘の綾川くるみとその恋人・三津木新哉(未)の二人をワトスン役にして、事件に挑むシリーズ。1993年の「津軽海峡死景色」を最後にシリーズは中断していたが、2001年に光文社文庫から「超特急燕号誘拐事件」が出版され、これが事実上のシリーズ完結編になっている。

●短編集
  • 死ぬほど愛した…
  • いつか虹を渡りたい
  • 刺のある花園

●長編
  • 旅は道づれ死体づれ
  • 殺したい子に旅させよ
  • 旅の死体は殺し捨て
  • 鬼ごっこだよ国立探偵
  • 死体は走るよ国際列車
  • 殺しもあるよ国境紛争
  • 死体も歌え奥信濃
  • 知床岬に夏は死ぬ
  • 佐多岬北緯31度の墓標
  • 伊豆恋岬殺しの眺望
  • 津軽海峡死景色
  • 超特急燕号誘拐事件

●短編
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。