長編 異界活人事件


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2007年1月
宝島社 「バカミスじゃない!? 史上空前のバカミス・アンソロジー」に収録(書き下ろし)
2009年8月
宝島社 「奇想天外のミステリー」(宝島社文庫)に収録


 年刊誌「このミステリーがすごい!」のバカミスコーナーを担当する小山正氏のプロデュースで、書き下ろしの“バカミス”を集めたアンソロジー。そのトップバッターとして登場するのが本作である。
 冒頭でいきなり主人公が死に、辻ミステリ最重要人物の命が狙われるサスペンスが、冥界と現世を股にかけて展開される。

 “バカミス”を銘打ちつつ、亀谷ユーカリ東西大学の再登場、死後の世界のルールをベースにしてそれなりにミステリーの筋を通した展開、「長編と銘打たれた短編」の謎など、辻ミステリの王道を凝縮した作品でもある。

 東西大学文学部教授の河東太朗と、その学生で愛人でもある寿々木ハンナは、ホテルで密会の際にフグ中毒に見舞われて死ぬ。
 死後の世界でユーカリおばさんと出会った二人は、自分たちにも関係する某重要人物の命が狙われていることを聴き、幽霊となって現世に向かうが、そこには意外な展開が待っていた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。