銀の鈴


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 亀谷ユーカリが伊豆・城ヶ崎海岸近くの高原で営む人形アトリエ。
 ユーカリの恋人であった結城龍巳が徴兵から逃れきれず投身自殺をした場所の近くに建てられた。
 ユーカリの手による様々な表情のおばあさん人形が展示されていて、販売もしているがユーカリの気に入らない客には販売を拒否することもある。
 他シリーズとの接点はあまりないが、「迷犬ルパンの名推理(未)」では那珂一兵ルパンがここを訪れている。
 ユーカリの死後は、ユーカリの旧友・四条杉彦・小百合夫妻に管理が委ねられ、公開が続けられている。

 人形作家・中島萬里氏の「人形の美術館それいゆ」がモデル。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。