三ツ江通弘


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 トラベルライター瓜生慎シリーズのレギュラー。
 瓜生真由子の父で、三ツ江コンツェルンの重鎮。
 かつてはコンツェルンのトップ企業・三ツ江通産の社長だったが、「死体が私を追いかける(未)」で真由子の行動から自明党との不正な取引が明るみに出て、社長職を退いた。しかし、その後もコンツェルンの重鎮として君臨している。
 当初は真由子と瓜生慎との関係を認めず、2人の仲を裂くための陰謀をめぐらせた。しかし、「火の国死の国殺しを歌う(未)」で、慎が命がけで真由子を守ろうとする姿を目の当たりにし、2人の結婚を認める。
 企業本位の強い信念を持ち、金儲けのためにはダーティな手段も辞さないが、根はロマンチストで彼なりに金を稼ぎ企業を拡大することに夢を見いだしている。自由人気質の慎とは意見が合わないが、慎の探偵能力には一目置いている。慎を関連企業に取り込みたがっているが、それは娘や孫のためだけではなさそうである。
 孫の竜(未)が生まれてからは、性格がやや丸くなり、瓜生家を訪れることも多くなっている。慎からの縁で、牧薩次の事件解決に協力したこともある。
 若い頃は演劇に打ち込んでいたという意外な一面がある。

 真由子が幼い頃に妻が病死(真由子の言によれば、通弘の女性関係に苦悩し神経を病んだため)し、以後は芸者出身の女性・登勢(未)を愛人としていたが、後に正式に彼女と再婚した。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。