トコトンくん


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 那珂一兵の代表作と言える漫画作品。辻ミステリ作品の中で何度か話題になっている。
少年ウィークリー(未)」に連載されて人気を博し、後に山彦プロ制作のアニメがヤマトテレビ(未)系で放映され、大ヒットした。
 トコトンくんという少年を主人公にしたホームコメディ。
 時代もはっきりしない世界で、野性的なカンと超人的体力のみを武器にした少年トコトンくんが、旅先の田舎に立ち寄り、住民たちのトラブルを解決して去って行くというストーリー。
 腕を大きく回して自分に指を突き付けて「トコトンやれ!」と叫ぶのが決め台詞で、この台詞によって自分だけでは無く周囲の大人をも叱咤し、事件解決への道を開いている。
 アニメ化されたのは、『TVアニメ殺人事件』では'70年代後半、『残照(未)』では'60年代後半と、設定に変更があるが、その理由は謎。いずれの場合も企画に関係して、奇っ怪な殺人事件が発生している。

(画像は『TVアニメ殺人事件』(初版)の表紙より。トコトンくんをイメージしたイラストと思われるが真偽は不明)










ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル