|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

SDK2 パラメータ一覧

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 SDK2 スプライトパラメータ一覧

 

  • 0x0000
スプライトデータの終了。このパラメータにすると以降のデータを読み込まない。 
  • 0x0001

通常スプライトのパラメータ

  • 0x0002

詳細不明。主に水中の敵に多い

  • 0x0007

キャノンなどに使われる

  • 0x0009

このパラメータのスプライトは画像データをロードしない。通常スプライトはこのパラメータにはしない。出入り口やトリガー、水位変化などに用いる。逆にこれらのスプライトをこれ以外のパラメータにすると正常に機能しない事がある。

改造をしていてスプライトの画像崩壊が多い場合は、該当スプライトのパラメータがこれになっていることが多い。まずはこれを確認するとよい。なお、パレットバグはどのパラメータでも起こるので解決策はほぼないといってよい。

  • 0x000A

タイマースプライトの時間が切れる前やボーナス出現条件をクリアしたら出現する

  • 0x000E

詳細不明

  • 0x0XPP

トリガースプライトおよびその効力を受けるスプライト専用パラメータ。PPは上のパラメータの下2桁で決め、Xは1〜Fで設定する。パラメータ0x0X09のトリガースプライトが画面内に入ると、その周辺の0x0XPPのスプライトが出現する。DK1のパラメータ0x0005のスプライトセットの代わりと考えるとよい