発端のMPKについて


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

簡単な経緯

Ellyth、仲間を引き連れロ・メーヴへShikigami Weaponを張り込みに行く

ライバルの忍と赤の二人組(外国人?)に釣り負ける

ライバルにドールがリンク、赤がスリプル処理&忍者がドールに挑発

シキガミが黄色ネームに

黄色ネームのシキガミに EllythがディアガをMPK目的で故意に使用

ライバル組全滅

Ellyth組がシキガミをゲット

詳細はブログの該当記事へ ブログ削除により記事消滅
該当記事の魚拓



問題点

  • MPK目的でのディアガ詠唱
釣り目的ならディアの方が詠唱が早く周りの敵を巻き込む危険も無い
というかブログから意図がMPKであったことは読み取れる

  • 全く悪びれていない
まぁ、今回の件に関してはこんな所ですね♪こいつだけは多分一生分かり合えないだろうな。と思った人居て当然ですし、そういう人にとって、このブログは見るに堪えないんじゃないでしょうか(苦笑)よって、以後は閲覧しないのをオススメします(笑)

仮に、「君の考えは~~という理由により、違うと思うんですが?」というような感想を持った人は言ってみてください。




今回の件に限らずそういうのはいつでも楽しみにしてるんですよ(笑)





過去の記事

まぁ最後の部分は私の視点の感情論ですね。
だからといってMPKしていいのか?っていったら確実にNOです。

おもいがけず敵がリンクして、寝かしているのにスリップ入れられた。なんてのとは違いませんか?



Ludia氏のLSの元リーダーの言葉

※時系列としては祭り勃発前
久しぶりの書き込みなのだが
投稿者:カレン 投稿日:2009年11月 5日(木)19時13分18秒
どうも皆さん、音沙汰なかったミスラのカレンです、一応掲示板などはちょくちょく見ていましたが、ルディアさんのHPのNM横取りの件で少し思う事があり書き込みます。

2CHやエリス氏のHPも回りおおよそではありますが内容を把握しました。

ぶっちゃけると、ディアガを使ったことがリアルヘイトを持ち上げた結果になっていますね。

以前LSでロックをやった際に此方の取っていたモノをディアガで横取りされた事があるメンバーならば、悔しさもわかる事でしょう。

エリス氏はこの事に対し何の謝罪もされていない事が反感を買っているのだと思います。

自分がやるのであれば、挑発のみでの真っ向勝負で挑む所ですね(それでは確実に取れないかもしれませんが、リアルヘイトはディアガをいれるよりも格段に低いですね)

入っていない自分がいまさらこの様なことを言っても戯言なのは分りますが、所詮ゲーム、されどゲームです、今一度楽しみ方というのを考え直してみましょう。

以上偉そうな事書き込んだ過去のリーダーぽい奴でした

お茶汲みな人です
投稿者:カレン 投稿日:2009年11月 6日(金)13時19分51秒
今回の晒し関連で、自分の行動はルディアさんには気に入らなかった様ですね、他のメンツのことも考え、あえて行動を起こしましたが、考えを羅列しましょうか。

FF11というゲームは他のMMOと比べて、システム事態が完成度が高くターゲットの取り合いに関してはおそらく類を見ない高さです、これらの弊害から今回の事のような事態に発生した模様ですが、他MMOプレイヤーからしたらこんなのは日常茶飯事であり、わざわざ騒ぐ事のものでも無いんです、はっきり言ってしまえばこんな事で一喜一憂してる方がおかしい。

騒ぐ方も騒ぐ方ですが、それをHPで書き立てる方も書き立てる方なんですよね、ぶっちゃけるとそれをネタに自分のHPを見て♪

という感じに取れます、周りのメンツを巻き込んでいる事の方が責任が重いわけですよね?
カニさんいかのメンバーも晒されてます、HPで”気にしてなくてそんな事で動じるメンツではない”とかかれていますが、建前ですよね代表でアイリスとメイデンさんの米出てますが本音は違うとおもうけど?と考えたので今回行動を起こしました。

それに、甘えてる方がおかしいのではないかと思います、リアル忙しくまだ入れませんがほっておいたという認識がメンバー全員の共通認識があるようですので、自分が11に本格的に戻る事はこの先無いでしょう(おとさんやえのきさんにお借りしてるその他もろもろを返却してからになりますが)消えようと思います。

お茶汲みでもして下っ端でへつらう事も出来ないので、事実上の引退宣言になるという所でしょうか。

いちおうメアドだけ張っておきます

xxxxxxxxxxxxxxxxxx(メルアド)

年末までに一度時間を作りお借りしたものを返す様にしますね。

ではでは
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。