BMI Classification Framework


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要#image(ここに画像のURLを入力)


脳活動の情報を、機械やコンピュータの入力として利用するブレイン・マシン・インタフェース(BMI:Brain machine interface)向けのコードです。
ここでは、機械学習を利用した脳波の識別のためのFramework構成し、より効率的に高性能な識別器の開発を目指します。







現在利用できる機能

  • 前処理や特徴量抽出処理
  • Support vector machine(SVM)やフィッシャーの線形判別関数により識別
  • Boosting
  • OVA識別

今後追加する予定の機能

  • 弱識別器のみの学習(Boostingの高速追学習)
  • 選択された特徴量の重要度の可視化