あ行


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




【アシュヴィン】 あしゅヴぃん

常世の国の皇子。
傲慢な性格の野心家で、
黒雷とも呼ばれる。

【天鹿児弓】 あめのかごゆみ

中つ国の一ノ姫が、
妹の二ノ姫に託した宝弓。
選ばれた者の求めに応えて、
出現するといわれる。
不思議な音を発する。

【足往】 あゆき
犬のような外見の
狗奴という異民族の少年。
明るく元気な性格で、
葛城忍人の武勇に憧れて
忍人が率いる軍に属している。

【荒魂】 あらみたま

神々の二面性をあらわす一面で、
荒く猛々しい神霊のこと。
中つ国が
常世の国に滅ぼされてから、
豊葦原に現れるようになった。



【家】 いえ

千尋たちが暮らす家。
風早が、近くの寺の
住職から借りている。
古いが間取りは広く、
暮らしやすい。

【一ノ姫】 いちのひめ

(1)中つ国を治める女王の
一人目の娘。
高い霊力を持つことで知られる。

(2)千尋の姉。
穏やかで優しい性格で、
高い霊力を持つことで知られる。
千尋に天鹿児弓を託して
姿を消した。

【岩長姫】 いわながひめ

中つ国の四道将軍の一人。
奔放な人柄の傑物で、
中つ国が滅びてからも、高千穂で
常世の国に反抗を続けていた。
風早たちの師匠でもある。



【忍人】 おしひと
狗奴を率いる、中つ国の将軍。
葛城将軍とも呼ばれる。