孤高の書 > 序章 > 1 高校


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


【BG:星空(セピア)】
二ノ姫
「こんな夜遅くに、
 姉様、本当に行くの?」
一ノ姫@
「仕方がないわ
 龍神の許しが
 顕れなかったのですもの」
二ノ姫
「でも……」
一ノ姫@
「母様も許しては
 くださらなかった
 仕方のないことなのよ」
「幼いあなたを
 残していくことだけが
 気がかりだけれど…」
「きっと、
 この弓が導いてくれる」

【スチル:託された弓】
【SE:共鳴音】
一ノ姫@
「私が戻るまで、
 母様をお願いね」

【暗転】
二ノ姫@
「姉は優しい人だったが
 ひとつだけ嘘をついた」
「あの夜以来、姉が
 国に戻ることはなかった」
「龍の加護を受けたこの国で
 姫が龍の許しなく
 恋をすることなどできない」
「中つ国の一ノ姫
 恋のため国を捨てたと
 言われて数年ののち」
「私の国は滅んだ」


【BG:伝承絵巻】
***@
豊葦原の瑞穂の地に
龍のまします中つ国あり。

天地に満つる八百万の神々
ことごとに惠をたたえ、
水清く、実り豊けく栄えたり。

ここに異国の皇(おう)、
数多の兵を連ね
波の穂を渡りて攻め来たる。

中つ国の女王、龍神に祈れども、
異国の剣にかかりて息絶ゆる。
宮は陥ち、国傾きて、龍黙せり。

これより中つ国に
龍の声を聞く者なく、
荒ぶる神々さざめき
わざわい満ちて、
豊葦原は常夜の如くなれり。

人皆、天を仰ぎて願う。
黄金の光差す雲間より
天つ鳥に乗りて舞い降りつる、
龍神の神子の来臨を。


【BG:夕焼け】
葦原千尋
(もう、日が沈んでく)
(夕日って
 どうしてこんなに
 赤いんだろう)
(まるで炎の中に
 とけていくみたい)
那岐@
「…夕焼け、
 そんなに気になる?」

【スチル:試験勉強】
葦原千尋
「え?
 あっ、ごめん!」
那岐@
「別に
 いつまでも
 ぼーっと見てるからさ」
「そんなに
 面白いものでも
 ないだろう」
葦原千尋
「ううん……
 那岐
 気になったことない?」
那岐@
「何が」
葦原千尋
「子供の頃のことなら
 那岐が知っているかと
 思ったんだけど」
「なんだか、夕陽の
 あの赤い色を見ていると
 不思議な気持ちになるの」
「誰かに
 せきたてられて
 いるみたいに…」
「何か、しなきゃいけない
 ことがあるんじゃないか」
那岐
「………………」
葦原千尋
「何か、忘れていることが
 あるんじゃないかって…」

【白転】
NA:一ノ姫@
――きっと、この…

【スチル:試験勉強】
葦原千尋
「……何か、
 大切なことを――」

【BG:教室】
那岐@
「…千尋が
 逃避したいのは
 わかったけど」
「今、実力テストの
 対策よりも、やんなきゃ
 ならないことって何?」
葦原千尋
「あっ、いけない
 そうだったね」
那岐@
「……やる気ない
 みたいだし
 終わりにしようか」
「どうせ葦原千尋も、
 物理以外、たいして
 困ってないんだから」
「僕も疲れた」

◆今日はもう終わろうと言うけど…

+那岐、なんだか 不機嫌みたいだね

葦原千尋
「那岐、なんだか
 不機嫌みたいだね」
那岐@
「…そうか?
 ………気のせいだよ」 ☆☆☆ UP
「千尋は
 考えすぎなんだ」
「もともとたいして
 思慮深いほうでも
 ないんだから」
「余計なこと
 考えなくていいよ」
葦原千尋
「えっ? ひどいよ
 余計なことかどうか
 わからないじゃない」
那岐@
「そうか?」
「忘れて、思い出せないなら
 今の自分に必要ない
 ものだってことさ」
「考えるだけ無駄だよ」
+そうだね、もう 終わりにしよう

葦原千尋
「そうだね、もう
 終わりにしよう」
「ずいぶん
 遅くなってしまった
 みたいだもの」
那岐@
「うれしそうだね
 本当は、さっさと
 帰りたかった?」
葦原千尋
「違うよ!
 そういう意味じゃ――」
那岐@
「嘘だよ
 別にいいさ」
「なにも学校に残って
 勉強する必要ないし」
+那岐のほうは 余裕みたいだね

葦原千尋
「那岐のほうは
 余裕みたいだね」
「一学期始まって
 すぐテストなのに
 もう準備終わってるんだ…」
「今回の範囲って、
 結構広いでしょう
 大変じゃなかった?」
那岐@
「別に
 点が低いほうが
 面倒だからね」
葦原千尋
「…追試とかあるものね」
那岐@
「いくらなんでも
 千尋じゃあるまいし」
「そんなに
 しくじったりしないさ
 ただ――」
「テストの点が
 低けりゃ干渉される
 よっぽど面倒だ」
葦原千尋
「先生たちも
 期待してるんだよ」
那岐@
「教師に
 限ったことじゃない」
「やることをやっておけば
 誰にも、何も
 口出しされないですむ」
「自由のための対価なら
 安いものだよ」
???@
「二人とも、
 まだ教室に
 いたんですか」

【風早表示】
???@
「そろそろ下校時間ですよ」
「あんまり遅くまで
 残っているのは
 感心できませんね」
葦原千尋
風早
那岐@
「そういうあんたは?
 ずいぶん遅くまで
 残ってるんだね」
風早@
「ふふっ、
 二人と同じです
 テストに追われていて」
「先生も問題を作るの
 楽じゃないんですよ」
葦原千尋
「先生って
 毎年、同じ範囲で
 テストするんじゃないの?」
風早@
「範囲は同じでも
 問題まで同じじゃ
 つまらないでしょう?」

◆風早はテスト問題を作ってたんだ

+先生も 大変なんだね

葦原千尋
「先生も
 大変なんだね」
風早@
「そうなんですよ」
「どこからどんな
 問題を出そうか」
「どんな問題なら
 生徒の意表をつけるか
 悩ましいですね」
那岐@
「…あんた、絶対
 楽しんでるだろ」
風早@
「せっかくだから
 いい仕事しないとね」
+また変わった問題 作ろうとしてるの?

葦原千尋
「また変わった問題
 作ろうとしてるの?」
「困るよ
 せっかく
 普通に勉強したのに」
風早@
「大丈夫
 普通の問題も
 出しますから」
那岐@
「でも、教科書の
 端っこのほうからも
 問題出すだろ」
「趣味が
 マニアックなんだよ」
風早@
「ひどいな
 教科書で大きく
 取り上げられてなくたって」
「当時の人には、
 大事件なんだよ」
「それに、あんまり
 ありきたりな問題だと
 点差もつかないし」
葦原千尋
「みんながいい点なら
 それで
 いいんじゃないの?」
風早@
「はは、生徒のみんなが
 いい点だと
 俺もうれしいですけど」
「……成績つけるときに
 大変なんです」
+早くテストが 終わるといいね

葦原千尋
「早くテストが
 終わるといいね」
風早@
「そうですね、
 テストが終われば……」
「実は俺には、次に
 採点が待ってるんですが」
「それも終われば
 肩の荷が下ります」
「ええ、早く
 テスト、終わると
 いいですね」
葦原千尋
「風早…
 本当に気楽なんだから」
「先生がこんな調子で
 いいのかしら…」
風早@
「けど、そろそろ
 俺も切り上げようかなと
 思っていたところです」
「一緒に帰りましょうか
 葦原さん」
那岐@
「…「葦原さん」ね」
風早@
「校門を出るまでは、
 一応、教師ですから」
「ちゃんとけじめは
 つけないとね」
那岐@
「…学校出たって、
 教師だろ」

***
この二人は、風早那岐
私たちは小さい頃から、
一緒に暮らしている。

私の父と母はずっと昔に
死んでしまったそうだ。

その時のショックのせいか、
私は子供の頃のこと
よく覚えていないのだけど…

二人はずっとそばにいてくれて、
あまり寂しいと
思ったことはない。

風早@
「じゃあ……」

【SE:異音】
那岐@
「!」
風早@
「!」
葦原千尋
「どうしたの?
 二人とも」
風早@
「いえ…………」
「すみません、
 ちょっと用事を
 思い出しました」
「うっかりしていて
 先に
 帰っていてもらえますか?」
那岐@
「今日の放課後は
 僕の担当だったと
 思うけど」
風早@
「ああ、だけど、
 知った相手かも
 しれないから」
那岐@
「ふぅん」
「まあ、そっちで
 面倒引き受けてくれる
 ならそれもかまわないさ」
葦原千尋
「何の話?
 意味がよく
 わからないんだけど」
「何か
 大変なことなの?」
風早@
「大丈夫ですよ
 ちょっと友人に
 会うだけなんです」
「そうだ…これを」

【アイテム入手】
「宝玉」を
手に入れました

風早@
「預かっていて
 もらえますか?」
「なくすと困るものなので
 念のために」
葦原千尋
「うん、けど
 この石って何?」
風早@
「まあ、お守りみたいな
 ものです」
「じゃあ、すみません
 またあとで」
那岐@
「言いたいだけ
 言ってでてったな
 勝手なやつ」
葦原千尋
「しょうがないよ
 私たちも帰ろう?」
那岐@
「……疲れたから
 先に廊下に行ってる
 準備できたらきなよ」
葦原千尋
「えっ、
 ちょっと待って
 準備なんてすぐ――」
(もう行っちゃった)
(那岐も人のこと
 言えないと思うけどな)

+自分の机

葦原千尋
(えーと
 忘れ物は…)
(…うん、大丈夫)
(さ、那岐が待ってるから
 急がないと)
+本棚

葦原千尋
(先生が用意してくれた
 本や参考書が
 いろいろ並んでる)
(あっ、この本はきっと
 風早が置いていったものね)
+

葦原千尋
(もうこんな時間なのに、
 陸上部はまだ
 練習してるんだ…)
(そういえば、那岐は
 いつも部活とか
 やらないよね)
(どうしてだろう)
+時間割

葦原千尋
(ええと
 明日の時間割は…)
(あっ、そうだ
 英語の小テストが
 あるんだっけ)
+

葦原千尋
(あれ…?
 机の上に、何か
 刻まれてる…)
(「既定…」)
(うーん
 かすれていて
 よく読めないな)
+掃除用具入れ

葦原千尋
(掃除用具が
 きちんと整理して
 片付けられている)
(私の掃除当番は、
 再来週…かな)

◆廊下に出ようかな?
→そうしよう
→やめておこう


【BG:廊下】
◆教室に入ろうかな?
→そうしよう
→やめておこう

+女子生徒

女子生徒
「あ、千尋、聞いてよ~
 私、今度の日曜
 初デートなんだ」
「ねえ、何着て行ったら
 いいと思う?」
「やっぱり初デートは
 女の子っぽく
 攻めたほうがいいかなあ?」
+男子生徒(A)

男子生徒(A)
「おっ、葦原
 お疲れ~
 今日も那岐と一緒か?」
「相変わらず、
 仲いいなあ、お前ら」
男子生徒(B)
「おいおい、やめとけよ
 また那岐に怒られるぜ」
男子生徒(A)
那岐が怒る?
 あいつ、そんなに
 怒りっぽかったっけ?」
男子生徒(B)
「この前、ものすごい勢いで
 無視されただろ~
 気づいてなかったの?」
葦原千尋
「まあ…
 那岐らしい反応だよね」
+男子生徒(B)

男子生徒
「なあ、知ってるか?
 耳成山に出る
 …って話」
「出るって言ったら、
 幽霊に決まってるだろ」
「夜中になると、
 突然稲光が走ったり、
 いろいろ凄いらしいぜ」
「テストが終わったら、
 クラスのみんなで
 肝試しでも行ってみようぜ」
+テストの時間割

葦原千尋
(テストの時間割だ
 もうすぐ…だね)
+保健便り

葦原千尋
(保健便り…か)
(「成人病に注意」とか
 言われても
 実感がわかないよね)
(風早も野菜好きだから
 平気そうだし)
+廊下から出ようとする

葦原千尋
「あっ!」
「帰るなら那岐に
 声を掛けないと」
+那岐

那岐@
「支度できた?
 なら、帰ろうか」
「さっさと出ないと
 真っ暗になる」

◆そろそろ家に帰ろうか…

+そうだね、おなかも すいてきたし、帰ろうか

葦原千尋
「そうだね、おなかも
 すいてきたし、帰ろうか」
+あっ、ごめん もう少し待ってて

葦原千尋
「あっ、ごめん
 もう少し待ってて」
「やらなきゃいけないこと
 何か忘れてるような
 気がする」
那岐@
「ええ?
 今すぐやんなきゃ
 いけないことなのか?」
葦原千尋
「そういうわけじゃ
 ないかもしれないけど
 ちょっとだけ…」
那岐@
「いいけど
 あんまり待たせるなら
 先に帰るよ?」
葦原千尋
「すぐだから!」
+女子生徒

女子生徒
「あれ? また那岐くんを
 待たせてるの?
 早く行ってあげなよ」
+男子生徒(A)

男子生徒(A)
那岐って
 意外と運動神経
 いいんだよな」
「ウチのサッカー部に
 入ってくれないかな…」
+男子生徒(B)

男子生徒(B)
「テストを直前に控えて
 学校でだらだら過ごす…
 学生の醍醐味だよな~」
+那岐

那岐@
「遅いよ
 待ちくたびれた」
「もう「忘れ物」とか
 言い出さないだろうな」


那岐@
「今日の夕飯、何?」
葦原千尋
「えっ?
 今日は那岐の
 当番のはずだよ?」
那岐@
「僕が作ると、
 ろくなものに
 ならないよ」
「せっかくの夕飯なら
 おいしいもの
 食べたいだろ?」
葦原千尋
「この間もそんなこと
 言ってたじゃない
 ずるいよ!」

【学校から出る】