スペルカード - Spell Card

  • いわゆる超必殺技。発動にはカードごとに決められたコストの数だけ手持ちカードを捨てる必要がある。
    • コストには発動するスペルカード自体も含まれる。
      例1)コスト1 珠符「明珠暗投」→コストが1なので、明珠暗投のカードがなくなるだけ
      例2)コスト3 神技「天覇風神脚」→コストが3なので、天覇風神脚のカードに加えあと2枚カードが消費される
  • コスト分で消費するカードを自分で選ぶ事はできない。カードが引かれた順に勝手に消費される。
  • スペルカードの暗転時間、カットインの間も霊力回復の時間カウントは有効。
    霊力消費が非常に大きい霊夢はスペルカードを立ち回りやコンボに使用して
    霊力を回復し、流れを維持するというのも重要な戦略となる。
  • 発生は(暗転前+暗転後)で表記しています。





珠符「明珠暗投」

コスト 判定 空中 発生 ダメージ 体力削り Rate Limit 霊力削り 備考
1 磨耗射撃 13+14 2157
(500×6)
593
(100×6)
95%×6 5%×6 0.50×6 Rift
  • 地面と壁端でバウンドする巨大陰陽玉を3つ撃ち出す、空中可。陰陽玉は1つにつき最大2Hitし2Hitすると消滅する。
    その性質上相手を壁端に追い込んだ時に活きるスペルである。適当にばら撒くだけでも攻めの主導権を奪いやすい。
    ばら撒く分には低威力だが、画面端でコンボに組み込んだ時のダメージは中々のものである。
    全段ガードさせれば体力削り・霊力削り共に優秀なので、画面端での空中割りにも効果を発揮する。
    低コストなのを活かし、天候調節や暗転時間を利用した霊力回復などにも役立つ。
    無敵時間などは一切存在しないため、安易に使用するとグレイズ技などで反撃を受ける可能性がある。
  • コスト1の利点を生かした天候変化や、起き攻めの時に撒いておくだけの手軽な使い方でもそれなりの効果を発揮できる。


霊符「夢想妙珠」

コスト 判定 空中 発生 ダメージ 体力削り Rate Limit 霊力削り 備考
2 磨耗射撃 9+11 2408
(650×5)
396
(50×2+100×3)
95%×5 5%×5 0.25×5 Rift
  • 前方扇状に追尾性の霊力弾を5発撃ち出す、空中可。
    暗転前は完全無敵。暗転後に無敵が切れるのであまり信頼はできないが、割り込みに使えなくもない。
    弾は「赤青緑赤青」の順に射出される。このうち赤弾のみ削りダメージが低い。
    追尾性能は高めだが、弾速が遅く相殺強度もさほど高くないので撃ち合いには向いていない。
    主な用途はコンボ用となる。地上版は追撃可能なので、コスト2としてはかなりの威力を持つ。
    しかし密着して当てないとダメージが伸びないため、やや扱い辛い。
    また、ガード反撃の音に合わせて後出しするとガード反撃を潰す事が出来る。
    アリス、レミリア、幽々子、文、萃香、小町はガード反撃の出が遅く、音から一瞬遅らせて出さないと逆に潰されてしまうので注意。
    1.03で弾速低下、追尾性能向上。とは言えコンボに使う分にはあまり影響はない。


宝符「陰陽宝玉」

コスト 判定 空中 発生 ダメージ 体力削り Rate Limit 霊力削り 備考
2 磨耗射撃 不可 1+15 2048
(550×5)
741
(150×5)
95%×5 5%×5 0.25×5 Smash
  • 前方に最大5Hitする巨大な霊力弾を形成、その場で相手を攻撃する。
    暗転前に1Fだけ無敵時間有り。主に地上でのコンボ用として用いる。
    威力は標準的だが発生が速く、2Aなどから容易に繋げられる。決めるチャンスの多さが魅力。
    削りダメージが高めなので、デッキが詰まり気味ならガードさせる目的で出すのも手。
    1.03で発生が速くなり、ダメージが500×5から550×5に強化。削りダメージも150×3から150×5に増えている。

戦法考察は+を押して展開
+...
  • コンボ用として
霊夢初心者にオススメのスペル。
詳細はコンボページを見て貰えば良いが、昇天脚、バスター等の入る場面は全て陰陽宝玉で代用可能。
ダメージもそれらより流石に高い。
そして、コンボが難しい霊夢にワンボタン発動で簡単なコンボというのが何より大きい。
慣れない内は陰陽宝玉が使える時はバンバン叩き込んでいこう。

最終目標は2A>2B>陰陽宝玉をヒット確認から入れる事が出来る様になる事だ。
これが出来る様になれば、安定して陰陽鬼神玉や鬼縛陣も入れる事が出来る様になり、
霊夢の火力が爆発的に上昇する。
コストが2と安く、隙も少ないので失敗しても問題はほぼない。
恐れずに全部練習と思ってやっていこう。
霊力削りは1個と少しなので過剰な期待は出来ないが覚えておくと役に立つ場面もある

上級者もコンボの底上げとして入れているケースが散見される。
やはりコストの低さが最大の強みか。

  • クラッシュ攻撃から
溜め6A、溜め3Aでクラッシュさせた場合に安定して入れる事が出来る。
画面端が近いなら、更に昇天脚での追撃も入る。
クラッシュ攻撃はガードされると不利で最悪の場合、ターンが奪われてしまう。
特に溜め3Aはめり込むと確実に反撃を受けてしまう。
クラッシュ出来なくてもセットで出すのもありかもしれない。

霊夢のクラッシュ攻撃は並の性能ではあるが、一般的にあまり使われていないので、
奇襲として出すと比較的クラッシュさせやすいのも利点。

  • C亜空穴から
スライディングだが、めり込むと確定反撃。
めり込んだ場合は即出すと隙を消しつつ、ターンを維持できる。
ヒットした場合は連続技になる。
一試合に一度程度であれば奇襲として、通用する技なのでC亜空穴を使う時は陰陽宝玉とセット運用を心がけると良い。

  • 確定反撃のお供に
例えば、魔理沙のDCにはDAで確反をとることが出来るが、DA>昇天脚とするとミスしたときのリスクが高い
そこでこのスペルをセットしておき、DA>陰陽宝玉とすることで、リスクを抑えつつダメージUPを見込める
また、DA先端ヒットだと昇天脚が外れることがあるがこのスペルならそんな心配も無い

  • 昇天脚フォローとして
結界狩りとしての昇天脚や打点が高い技をスカそうとした時のフォローとして使う
これによりきっちり昇天脚で相手に触れていればリスク回避ができる



神技「天覇風神脚」

コスト 判定 空中 発生 ダメージ 体力削り Rate Limit 霊力削り 備考
3 中段 不可 4+5 2777
(500×4+1250)
693
(125×4+250)
95%×4+85% 0%×3+10%+100% 1.00×3+0.70+1.00
空中0.50×4+0.35+0.50
  • 昇天脚の連続技であり、霊夢のスペルカードの中で唯一の打撃属性。外した時の隙は甚大。
    暗転後まで持続する無敵時間があり、発生後には攻撃動作終了までグレイズも付く。
    発生が非常に速いため、割り込み技として優秀な性能を持つ。
    ただし対空で使用すると途中で相手を落とすことがあるため、主に対地割り込み用としての使用が望ましい。
    発生の速さを活かして様々な技からコンボで繋げる事が出来るが、元々がRiftでもSmashでもないため
    コンボに組み込むとRift補正・Smash補正の影響を受けやすくダメージが伸び悩む。
    実戦にはあまり影響しない事だが、4段目のみ霊力削り量がちょっと少ない。
    1.03でカウンターヒットしなくなり、割り込みに使いやすくなった。
    1.05でフィニッシュの最後のどーんの判定が上方修正されました。


神技「八方鬼縛陣」

コスト 判定 空中 発生 ダメージ 体力削り Rate Limit 霊力削り 備考
4 磨耗射撃 不可 14+6 3655
(140×41+150)
799
(20×42)
99%×42 0%×41+100% 0.05×42 Rift
  • 霊夢を中心に広範囲の結界を形成する。入力~30HIT目まで持続する非常に長い無敵時間を誇る。
    発生はあまり速くないが、割り込み技としての信頼度は高い。威力が高くコンボにも使いやすい。
    攻撃範囲も横は遠Aと同じくらい、上は画面端までと非常に広いのも魅力。
    ただし発生がやや遅い射撃技なので、割り込む技を誤るとガードされたりグレイズで回避されてしまうので注意が必要。
    霊力削り量が大きいのでクラッシュ連携に組み込むのも効果的。ダメージは低くなるが、確実にダメージを取れる。
    長い無敵時間を生かしてガード反撃を狩る事も出来る。
    終わり際に1hitだけ僅かに横の判定が伸びる為、ギリギリ過ぎる位置に立っていると当たる事がある。


宝具「陰陽鬼神玉」

コスト 判定 空中 発生 ダメージ 体力削り Rate Limit 霊力削り 備考
4 射撃 不可 1+20 約3000~
(200×HIT数)
20×HIT数 98%×HIT数 1%×HIT数 0.05×HIT数 15~30HIT前後
  • 陰陽宝玉の上位スペル、超巨大な霊力弾を前方に形成する。
    霊力弾は徐々に加速しながら前進し、発生後しばらくしてから霊夢本体は動けるようになる。
    ヒット時は様々な追撃が可能。大ダメージを与えつつカードゲージの回収が出来る。
    長い射程を活かした反撃・差し込み技としても優秀。特に川霧の時は狙いやすい。
    鬼神玉>溜Bで霊力を3.5ほど削れるので、ガード割りの手段としても重宝する。
    1.03で削りダメージが増加。20×3から20×HIT数に変更された。
  • 難易度は高いが、DAからのヒット確認で撃てれば強力なダメージソースとなる。
  • 画面端以外なら、相手がこちらの6Aを誤ガードしたら2B→鬼神玉と繋げて溜めBで確定で割ることできる。
    ただし位置が離れすぎていると鬼神玉の範囲外に相手を飛ばしてしまうので注意。
    また、相手の霊力を見ておけば割って攻められる場面は非常に多い。
    B射撃をガードさせた際には常に頭に入れておこう。
    鬼神玉が長時間相手に当たる距離を見極めるのも重要。これにより霊力割りの成功率が大きく変わってくる。
    確定できる時に撃つのが理想だが、撃った後割れそうに無いと思ったら打撃重ねに移行するのも選択肢。


神霊「夢想封印」

コスト 判定 空中 発生 ダメージ 体力削り Rate Limit 霊力削り 備考
5 磨耗射撃 9+11 射出時 3098
(450×10)
885
(90×10)
97%×10 0% 0.25×10 Smash
誘導後 4403
(800×10)
1466
(150×10)
92%×10 0% 0.50×10 Smash
  • 夢想妙珠の強化版で大型の霊力弾を10発周囲に展開、空中可。暗転前は完全無敵。
    展開された霊力弾は一定時間留まってから強力な追尾性を持って相手に向かう。
    夢想妙珠と同じく射出直後から攻撃判定があるのだが、射出直後と誘導開始後では威力と霊力削り値などが異なる。
    特に霊力削り値は射出直後でも全段ガードで霊力を2.50削り
    誘導開始後に至っては全段ガードで確実にガードを割るほど高い。
    高密度の磨耗射撃なので、グレイズされた場合でも霊力をかなり削り取ってくれる。特に空中の相手に効果が高い。
    コンボやクラッシュから確実にダメージを取れる技と考えると非常に優秀。
  • 上手く運用する場合は確定状況をいかに作れるかがポイントとなる。
    カードを持ったら相手との位置関係と相手の霊力をしっかり見ることが重要。
    狙い目は相手が自分より高く、なおかつ少し距離がある状態で射撃をガードさせた時。
    もちろん開きすぎてても効果が薄い、相手が地上に落ちないくらいの距離を求める。
    この使い方をする時は連ガにはしにくいので、グレイズ属性のあるスペルには注意が必要となる。


「夢想天生」

コスト 判定 空中 発生 ダメージ 体力削り Rate Limit 霊力削り 備考
始動 5 - 不可 10+32 - - - - -
発動 0 磨耗射撃 9+11 7011
(200×HIT数)
20×HIT数 98%×HIT数 0% 0.50×HIT数 Smash
  • テーレッテー。
    発動すると周囲に7つの小さな陰陽玉を 15秒間 展開する。
    陰陽玉は霊夢本体が相手に打撃技を命中させる毎に1つ点灯。多段HITする技でも点灯数は1つ。
    この打撃には打撃属性の必殺技(亜空穴・昇天脚など)も含まれる。(~1.04まではB亜空穴に対応しませんでしたが、1.05で修正された)
    7つ全てを点灯させた上で「何もしていない状態(空中可)」になると攻撃が発動し、全方向に膨大な量の札を射出する。
    飛翔などをしている間は発動しないため、逃げる相手を飛翔で追ってから発動させたりする事も出来る。時間切れには注意。
    ダメージは密着時7011、離れると2000程度、霧雨密着時は8551。
    発動させるのが難しい上、発動させてもグレイズで抜けられるとあまりダメージを与えられない。基本的にはロマン技である。
    天気雨や台風といった天候を利用出来れば、多少発動させやすくなる。
    1.03で札の判定が大きくなり、以前より直撃しやすくなった。回避も難しくなっている。
  • 下記の どちらかの条件 を満たしている時にシステムカード(霊撃・ガード反撃を除く)かスキルカードを使うと
    相手に攻撃を当てずに陰陽玉を1つ点灯させる事が出来る。実用性は低いが、覚えておくともしかしたら役に立つかも知れない。
    • 最後に使用した技が夢想天生である。
    • 最後に使用した技が打撃技かつ空振りしている。