天候考察

  • 画面中央上部の天気玉カウントが100になると発動
    • カウントは射撃を出したままダウンすると出る天気玉や単純な時間経過で上昇
  • カウントが50を超えると、発動する天候の「予報」が表示される
    • 予報はダウン、叩きつけ、スペルカード発動で変化する
    • 予報は下記リストの順番で回る。ある程度の操作は可能
    • 霊夢の場合は、気質発現やコスト1の明珠暗投で天候操作を行うと良い。
  • 天候が発動すると、天気玉カウントが0になるまで効果が続く
    • 天候発動前とは逆に、天気玉や時間経過でカウントが減っていく
  • 気質発現(システムカード)の使用で現在の予報の天候を発現。
    • 予報なしの場合ランダムで発現。カウントは99.9。
    • 天候発現中はカウントを高速に進め天候を終了させる。
  • 天候の影響は双方が受ける
  • 天候OFFでの対戦はできません。
  • 対戦スレでは特定の天候になった場合戦闘を中断をする人もいるので、
    クライアントとして参加する場合は募集内容をきちんと読んでから突撃しましょう。



快晴

空を飛ぶ程度の天気
  • 飛翔の消費霊力軽減。
  • 飛翔の旋回性能が向上する。
  • 回避結界を使っても霊珠が壊れなくなる。

霊夢の天候。空中戦が得意な霊夢とは相性が良い。
快晴限定の表裏なんかもあったりする。
小回りの利く様になった飛翔で空中戦を優位に進めていこう。
回避結界が使い放題になるものの、回避結界時の霊力回復が無くなるので要注意。


霧雨

スペルはパワー程度の天気
  • スペルカードの威力が25%増加する。

魔理沙の天候。
スペルの威力が低い霊夢にとっては威力の底上げは余り魅力的ではない。
寧ろ、高威力のスペルを持つ相手に対して相対的に不利になると言える。
危険スペルを有する相手(魔理沙、文、妖夢、パチュリー、レミリア、萃香等)に対してはぶっぱなしスペルを警戒して立ち回ろう。


曇天

符を器用に使える程度の天気
  • スペルカード使用コスト-1。ただし、元から1のカードは減らない。
  • カードゲージの増加量が2倍になる。ただし攻撃を受けた時のカードゲージ増加量は変動しない。

咲夜の天候。
コスト-1で鬼縛陣が使いやすくなる。クラッシュから気軽に入れてみよう。
カードゲージの溜まりが良くなるので、積極的に射撃を撒いてゲージを溜めるのが効果的。
結界狩りができるなら鬼神玉で強引に結界を強要させ流れを掴むのもあり


蒼天

連携が鋭くなる程度の天気
  • 必殺技を別の必殺技でキャンセル可能になる。

妖夢の天候。
特にタイプB(妖怪バスター使い)の霊夢ととてつもなく相性が良い。
亜空穴にバスターを絡めるだけでたちまちノーリスク技が出来上がる。昇天脚のリスクも軽減できる。
この天候の真価は画面端でグレイズ、ジャンプ狩りを兼ねた昇天脚のリスクが限りなく低くなる事。
暴れると蹴られ、ガードし続けても終わらない霊夢の鬼畜ラッシュは余りに惨いものがある。
勿論蹴られたり割られたりするとバスターが直撃コンボ炸裂、相手は死ぬ。
ただし、打撃系の必殺技は最低でもガードさせないとキャンセルを掛けることができないので要注意。
必殺技を連発する事になるので、霊力の残量にも注意しておきたい。


霊力が強まる程度の天気
  • 必殺技の威力が25%増加。
  • 霊力の回復速度が早くなる。

アリスの天候。
元々霊力消費が激しい霊夢には嬉しい効果。特に弾幕乱射しやすくなるAタイプとCタイプは嬉しい。
Cタイプに至っては何時花曇になったの?と勘違いする程の弾幕が展開可能になる。


花曇

打撃が使えない程度の天気
  • 射撃を除く全ての通常技が使用不可能になる。
  • 霊力の回復速度増加。
  • 霊力が時間を置かずに回復するようになる。

パチュリーの天候。
弾幕合戦に強い霊夢にとっては相性が良い天候と言える。
C>236射撃をばら撒いてグレイズ行動を誘い、亜空穴や昇天脚などの打撃技で狩るのが基本。
もちろん相手の打撃必殺技にも注意する必要がある。
うまく主導権を握り、可能な限り射撃を撒いてゲージを溜めておこう。
拡散は一度ガードさせると確実に霊力1は奪える。拡散使いは積極的にこの天候を狙おう。


濃霧

吸血鬼っぽくなる程度の天気
  • 与えたダメージ(ガード時含む)の約半分だけ自分の体力が回復するようになる。

レミリアの天候。
Ver1.03からの仕様変更により、打撃・射撃問わずに体力回復するようになった。
今までの打撃キャラへの対策はもちろん、弾幕キャラへの対策もいつも以上にきっちり行う必要がある。
どちらも得意ではあるが飛びぬけた性能でもない霊夢にとっては、相対的に不利になりがちかもしれない。
HPと相談して呼んだり回避したりしよう。


幽霊っぽくなる程度の天気
  • 攻撃を当てる(ガード時含む)と相手のカードゲージを減らすようになる。
  • 攻撃を受けた時のカードゲージ増加が発生しなくなる。
  • カードゲージ減少量は「当てた技のカードゲージ増加量」に依存する。つまりスペカでは減少させられない。

幽々子の天候。ネガティブ天候その1。
攻撃を受けるとカードゲージが減るだけでなく、
1枚分のゲージが無くなった場合 現在選択中のカードが破壊される 。当然破壊されたカードは復活しない。
どんなキャラも受けに回れば不利になる。立ち回りとカード管理はしっかりと。
守勢時のカード表示をしっかり見ておかないと即死亡フラグが立つ。

基本的には、消えて欲しくないカードは後ろに回しておくこと。
カードゲージが満タンな状態だとカードの出入りが激しいため、明珠暗投や霊撃等を使って1個分のゲージスペースを作っておくと良い。
相手の切り札が一番手前にあれば、攻撃を当てて消しにかかれると良い。
夢想天生があれば非常に心強い。


天気雨

防御が怪しくなる程度の天気
  • 打撃をガードする方向を間違えると即ガードクラッシュさせるようになる。
  • クラッシュした霊珠の復活速度増加(Ver1.03より更に増加)。

紫の天候。
全タイプ大きく有利。2A>6A、2A>3Aで面白いほどガードが割れる。
インファイトをこの時しないで何時やるのというぐらいの天候。
特にBタイプはバスター絡みのコンボが美味しすぎる。
可能なら、この天候で相手を倒したい。他タイプでもコンボや鬼縛をガンガン入れよう。
守勢に回ったときは、空中戦を中心に立ち回るほか、回避結界を利用して即座に逃げれるようにすると良い。


疎雨

必殺技全開になる程度の天気
  • 必殺技が全てLvMAX状態になる。

萃香の天候。
それなりに有利になるが、スキルLvMAXになった相手により相対的に不利になる事も。
LvMAXになった昇天脚が信頼できる無敵技になる。この天候の時は有効な切り返し技として活用してみよう。
鬼神玉や明珠暗投のフォローがあるなら相当に安心して打てる。
また、214系射撃(警醒陣等)の性能が向上するので積極的に活用してみるといい。


風雨

空中戦に強くなる程度の天気
  • 空中ダッシュと飛翔を合わせて3回まで出せるようになる。
  • 一部の打撃技がハイジャンプキャンセル可能になる。

文の天候。
快晴に同じく、空中戦が強い霊夢には有利に働く。
回数を把握して効果的にダッシュと飛翔を使いこなそう。
難易度は高いがこの時限定の超火力コンボも存在する。機会があれば狙ってみよう。


晴嵐

符が見えなくなる程度の天気
  • カードゲージが「?」で隠され見えなくなる。

鈴仙の天候。
予報時点でできるだけカードの並びを覚えておく。
無理なら、事前に防御系カードか鬼縛をセットしておく。相手のカードも把握しておくと磐石。


川霧

距離が変になる程度の天気
  • 一定距離を保つように引力と斥力が働くようになる。

小町の天候。ネガティブ天候その2。
B亜空穴は届かないで隙を晒すだけなので封印。
DCが反確になりにくくなるため当たる距離を覚えていれば増長して打てる。
弾幕戦を基本にJA、立ちAでちくちく相手を追い払う。
得意のラッシュ力を生かせないBタイプに一番不利に働く天候。バスター生当てでも狙うしか。
Cタイプは寧ろ有利で拡散でじっくり相手を料理できる。
アリスやパチュリー、衣玖、幽々子等にはプラスに働きやすい天候。予報操作による回避も考えるべし。
近距離では間合いが離れやすく打撃が空振りやすく、見てから陰陽鬼神玉が当てられる場合がある。


台風

勝負が荒れる程度の天気
  • 常時スーパーアーマー状態になる。
  • 攻撃をガードする事が出来なくなる(グレイズは可能)。

衣玖の天候。
Aタイプは亜空穴逃げが基本。Bタイプは当身&地雷当てで泥試合。Cタイプは拡散と封魔でじっくり逃げ回る。
体力に余裕がある場合はJA、J8A、DC等の当てやすい打撃技でダメージを取ろう。
相手にもよるが狂スペル直撃は絶対に避けること。
浪漫を求めるなら夢想天生を狙う。決めたらその日は勝ち決定(自己満足的な意味で)


極光

何が起こるか不明程度の天気
  • 他の天候の効果がランダムで発動する。

天子の天候。
何の天候か先に把握した者勝ち。1~2動作でわかるはずなので経験が全て。
花曇、雪、川霧、台風あたりは即対応しないと大きく不利になるので要注意。
事前の判別が困難な天候の中に天気雨が含まれているのが厄介。
判別出来ない状態で攻め込まれてしまったら、早めに回避結界を使おう。逃げながら天気雨の判別が出来る。