必殺技 - Super Art & 特殊技 - Special Art

  • ゲージ増加量は(使用時/ガード時/ヒット時)で表記しています。
  • カードゲージは 100%でカード1枚分 として計算しています。
  • 打撃はガード方向を間違えた時に霊力削りが発生します。
    打撃を空中ガードした時は表記値の半分の霊力削りが発生します。(例:霊力削り1.00の打撃を空中ガードすると0.50)
  • 射撃はガード方向に関わらず霊力削りが発生します。
  • 空中可射撃スキル(波動3つと裏波動2つ)は空中版のモーション中に着地した場合着地硬直が15Fつく。
    弾が出る前なら霊力は消費しない。これを利用すれば最短16Fで宣言が可能。




アミュレット(+射撃)系

  • いわゆる波動コマンドで出る射撃技。
  • どのスキルを取るかによって霊夢の戦い方がまるっきり変わる。色々試して好みに合ったものを選ぼう。
  • C座布団と異なり、アミュレット系の技は全て射出前に着地すると弾が出ない、溜めていても出ない
  • どの技も溜はC版のほうが早い


博麗アミュレット

入力 判定 発生 HJC 全体 基本攻撃力 Rate Limit 霊力削り ゲージ増加量 備考
B地上 射撃 30 30 58 200×4~8
削り10%
95%×4~8 2%×4~8 0.25×4~8 10% / 4%×4~8 / 4%×4~8
B空中 27 29 43
C地上 38 38 66 200×4~12
削り10%
95%×4~12 2%×4~12 0.25×4~12 10% / 4%×4~12 / 4%×4~12
C空中 35 37 51
Lv0 Lv1 Lv2 Lv3 MAX
通常 736
(200×4)
810
(220×4)
883
(240×4)
957
(260×4)
1030
(280×4)
溜1 1324
(200×8)
1452
(220×8)
1583
(240×8)
1714
(260×8)
1839
(280×8)
溜2 1794
(200×12)
1967
(220×12)
2142
(240×12)
2317
(260×12)
2487
(280×12)
  • 初期装備。読みは「ハクレイアミュレット」
  • ホーミング座布団。溜めCと同等の追尾性能を持つ。強度ほそこそこ。
    一枚につき2Hitし、溜めでB版は2枚>4枚、C版は2枚>4枚>6枚と枚数が増加する。
  • C座布団より出が遅く、密着で判定がない。ダメージも低め。
    カウンターヒットするせいでカスあたりしたりしなかったり
    割と大きな違いなので使い分けを意識しよう。
  • 緋ではグレイズしても結構な時間残ったが、非ではグレイズするとあっさり消えてしまい、相当弱体化した。
  • LvUP毎にホールドに必要な時間が3Fずつ短縮される。また、グレイズされても消えにくくなる。
  • 団扇を使用すると、同時攻撃がしやすくなる
  • 強度は弾1つあたりB×1(Lvmax時のみB×2)


妖怪バスター

入力 判定 発生 HJC 全体 基本攻撃力 Rate Limit 霊力削り ゲージ増加量 備考
B地上 射撃 17 37 65 90×n
削り25%
98%×n 2%×n 0.05×n 10% / 2%×n / 2%×n Smash
B空中 14 36 50
C地上 29 46 74
C空中 26 48 62
Lv1 Lv2 Lv3 MAX
通常 1200
(99×18)
1308
(108×18)
1597
(117×21)
1900
(126×24)
溜1 1500
(99×24)
1636
(108×24)
1980
(117×28)
2333
(126×32)
溜2 1760
(99×30)
1923
(108×30)
2307
(117×35)
2698
(126×40)
  • 読みは「ヨウカイバスター」
  • 考察はこちら


拡散アミュレット

入力 判定 発生 HJC 全体 基本攻撃力 Rate Limit 霊力削り ゲージ増加量 備考
B地上 射撃 30 30 58 拡散前 300×2~5
削り25%
94%×2~5 10%×2~5 0.25×2~5 10% / 4%×2~5 / 4%×2~5
B空中 27 29 43
C地上 38 38 66 拡散後 150×n
削り20%
97%×n 3%×n 0.10×n 10% / 2%×n / 2%×n
C空中 35 37 51
Lv1 Lv2 Lv3 MAX
B 拡散前330×2
拡散後165×12
拡散前360×2
拡散後180×16
拡散前390×2
拡散後195×16
拡散前420×2
拡散後210×20
C/B溜1 拡散前330×3
拡散後165×18
拡散前360×3
拡散後180×24
拡散前390×3
拡散後195×24
拡散前420×3
拡散後210×30
C溜1/B溜2 拡散前330×4
拡散後165×24
拡散前360×4
拡散後180×32
拡散前390×4
拡散後195×32
拡散前420×4
拡散後210×40
C溜2 拡散前330×5
拡散後165×30
拡散前360×5
拡散後180×40
拡散前390×5
拡散後195×40
拡散前420×5
拡散後210×50
  • 読みは「カクサンアミュレット」
  • 博霊アミュレットから追尾を除き、その分弾幕を厚くした射撃技。
    B版では大座布団2枚、C版では大座布団3枚を発射するがC版は射出が少し遅い。
    最初は大型の座布団だが、発射後Lv1は6枚、Lv2,3は8枚、Lvmaxで10枚の小座布団に分裂。前方扇状に展開し飛んでいく。
  • ホールドで3枚>4枚>5枚と大型座布団の枚数が増加するが、ヒット数は大差ないのでBとCの使い分けで充分。
  • Lv1では弾幕力が弱いので、最低でもLv2まで上げて使うこと。
  • 相手に行動を強要しやすく、ヒット時は地上空中問わず追撃が狙える。(空中はやや難)
    拡散>拡散と繋げる事も可能だが、ヒット確認前に次を出すぐらいでないと繋がりにくい。
  • 相殺強度が低く、相手の射撃とぶつかると弾幕に穴が空く。その為C射等別の射撃で拡散を守る必要があり、霊力管理に気を遣う技である。
  • 強度Bで上下に幅のある射撃を持つ相手には効果が無い。
  • 距離があれば繋縛陣が連ガになることもある。
  • 現在の弾速と硬直では弾との同時攻撃はできなくなっている。
    天狗団扇を使えばある程度改善される。
  • キャラ相性によりデッキを圧迫する割にデフォ波動との差が小さいのが難点。




警醒陣(+射撃)系

  • 相手の行動を抑制するための結界を張る設置系の技。
  • 警醒陣と繋縛陣の空中版モーション中に着地した場合、着地硬直が15F付く。


警醒陣

入力 判定 発生 HJC 全体 基本攻撃力 Rate Limit 霊力削り ゲージ増加量 備考
B/C地上 磨耗射撃 45 30 47 300×2
削り25%
93%×n 10%×n 0.25×n 10% / 4%×n / 4%×n Smash
B/C空中 44 29 44
Lv0 Lv1 Lv2 Lv3 MAX
威力 521
(300×2)
797
(330×3)
868
(360×3)
940
(390×3)
1274
(420×4)
相殺強度 B*4 B*5 B*5 B*5 B*6
持続F 90 150 180 210 240
削り 149 246 268 290 418
  • 初期装備。読みは「ケイセイジン」
  • 前方に結界を張り、触れた相手をしばらく固定してから吹き飛ばす。Bは近距離、Cは中距離に結界を張る。
    地上版は空中版より1キャラ分ほど遠くに設置する。
    通常の射撃技は霊夢がダメージを受けた時点で消滅するが、この技は地上のけぞりに限りダメージを受けても消滅しない。
  • 威力は低いものの磨耗射撃なので、グレイズさせるだけで霊力を削れる。相手の行動を阻害する手段としては中々優秀。
    相殺強度が高く、殆どの射撃を打ち消すので盾としても機能する。
  • LvUPで威力増加。また、Lv1で3HIT・LvMAXで4HITするようになる。
    HIT数が上がれば相殺強度が上がり、ヒット・ガード時の拘束時間も長くなる。
    持続時間も長くなるので多用する人なら余裕を見てLv1にしておくだけでも使い易くなるだろう。
  • 起き攻めのお供としても使える。相手が転んで霊力に余裕があれば重ねるように置いておく。
  • 本体から離れた位置に出ることを利用して、不意討ちで直当ても可能だが、ダメージは低い。バスターで追撃は可能。
  • 牽制に有効なのでカード宣言する隙を作りやすい。


繋縛陣

入力 判定 発生 HJC 全体 基本攻撃力 Rate Limit 霊力削り ゲージ増加量 備考
B/C地上 射撃 35 39 101 1000
削り25%
75% 50% 2.00 10% / 20% / 20%
B/C空中 109
Lv1 Lv2 Lv3 MAX
1897
(1100×2)
2067
(1200×2)
2236
(1300×2)
2405
(1400×2)
  • 読みは「ケイバクジン」
  • 敵を中心に左右(B)、上下(C)に結界を展開し触れた相手を一定時間捕縛する。
    結界の発生地点は常に相手の位置により決定され、霊夢との距離は関係ない。
  • ただし霊夢が他の行動に移ると結界は即消滅する。
  • 警醒陣以上に射撃の相殺性能は高い。(B×無限)相殺可能な射撃に対してはまず負けない。
    警醒陣と異なり、グレイズでは消えない点も重要。(ただし摩耗は無い)
  • 位置によっては6A、3A、J6A、J8Aなどの技から繋げられるため、中央コンボの補強にも使える。
  • LvUPで威力増加。また、LvMAXでB・C関係なく相手の上下左右に展開するようになる。
  • 突っ込んできた相手にB版が当たると吹っ飛んで後ろの結界にも当たり、2hit魔法陣。
  • 削り性能が高く、ガードされても十分おいしい。正確に出せば霊力or体力or飛翔回数のどれかは奪える。
  • C版は相手が動かなくても終わり際に当たる。
  • 結界に精神を集中しているのか、被CH時間と喰らい判定が酷いことになっている。
  • 技の性質上当てるのが難しく、214系統では扱うのがもっとも難しいスキルと言われる。
    他2種と違い、同時攻撃ができないのが要因か。

+ 実践で使う場合の考察


常置陣

入力 判定 発生 HJC 全体 基本攻撃力 Rate Limit 霊力削り ゲージ増加量 備考
B地上 射撃 49 44 61 400×5
削り12.5%
92%×5 10%×5 0.20×5 10% / 8%×5 / 8%×5 発生保証18F
Rift
C地上 57 36 47 発生保証16F
Rift
Lv1 Lv2 Lv3 MAX
威力 1557
(440×5)
1695
(480×5)
1833
(520×5)
1971
(560×5)
持続F 210 270 330 390
削り 272 296 322 346
  • 読みは「ジョウチジン」
  • 通称「地雷」。この技を中心に立ち回ると鉄壁な守りと化す。
  • 足元に結界を仕込み地雷にし、結界を踏んだ相手を無防備にする。霊夢がダメージを受けても消滅しない。追撃可能。
  • Bで自身の足元、Cで前方ハイジャンプした程度の距離に設置する。
  • 地面に設置されているが相手が地面スレスレの空中に居ても発動。屈諏訪子にも当たる。
  • 相手がダウン中でも発動したりするので置き方に少々工夫が必要になる。
  • 射撃属性なので起き攻めに打撃とあわせれば強力な固めを展開することも可能。
  • 二つ目を設置すると古い物が消滅し複数を同時に設置することは出来ない。
  • LvUPで威力増加。また、LvUPごとに持続時間が60F延びる(LvMAXで6.5秒)。
  • 守りで使う際は各種BorC射>B地雷、着地際JC>着地B地雷等で地雷に誘い込む方法がある。
  • 紅魔館ロビーのほか濃霧や川霧では視覚効果で常置陣が見えにくくなり、相手がうっかり踏むことがある。
  • 設置する際は速射やグレイズ時間の長い技には特に注意を払うこと。
  • 近距離に強いレミリア・妖夢・文・美鈴であれば、画面を背負った状態でのB地雷が有効。中~遠距離戦が得意な相手には機能しにくい。
  • ちなみにJ2Aカウンターヒット等で地面バウンドが発生する場合に常置陣が設置してあると常置が連続ヒットになる。
    梅雨の時は常置>常置というコンボができてしまう。LvMaxならそれだけで3kコンボ。
  • 起き上がり位置に設置しジャンプでめくることも可能。
  • 中央に設置しておくと、移動起き上がり距離の長い衣玖等はうっかり当たることも。さらにめくりB亜空重ねも可能。
  • 相手の近Aを見てから出してやれば大きめのダメージ+長めの硬直+多めの天気玉と、台風兵器となる。




亜空穴(+射撃)系

  • どれもワープしつつ攻撃する
  • ワープ中は完全無敵。その間は小町の無間の狭間の影響も受けない。
  • どれもかなり特徴的な技なのでよく考えて使おう


亜空穴

入力 判定 発生 持続 全体 基本攻撃力 Rate Limit 霊力削り ゲージ増加量 備考
B地上
B空中
中段 49 8 76 1100
削り25%
80% 40% 5.00
空中1.00
10% / 16% / 24% Smash
C地上
C空中
下段 49 15 87 400×2+500
削り25%×2+0%
92%×3 0%×2
+40%
1.00×2
+1.25
10% / 2%×2+12% / 4%×3+16% グレイズ
Lv0 Lv1 Lv2 Lv3 MAX
B 1100 1210 1320 1430 1540
発生 49 46 46 44 44
C 1176
(400×2+500)
1292
(440×2+550)
1408
(480×2+600)
1523
(520×2+650)
1639
(560×2+700)
  • 初期装備。読みは「アクウケツ」
  • ワープして奇襲攻撃。ワープ中はもちろん無敵だが、ワープするまでには若干隙があるので注意。B版は瞬時に相手に近づくので近づくのが難しいアリス等に対し奇襲として使える。
  • B版は相手の上空から強襲する。外すと隙が大きく、ガードさせると5Fほど不利(身長次第)。中段クラッシュあり。
  • C版は発動時の位置よりやや前方からスライディングで攻撃する。3HITし、最後の1HITだけ若干威力が高い。グレイズ付き。
    きちんと下段ガードされると密着状態で6Fの不利が付く。外した時の硬直も長いので注意が必要。
  • Lv3でB版の下降が高速化。奇襲技としては意識されてしまうのでLvを上げるとむしろ逆効果。

+ 実戦で使う場合の考察


封魔亜空穴

入力 判定 発生 HJC 全体 基本攻撃力 Rate Limit 霊力削り ゲージ増加量 備考
B地上
B空中
射撃 40 67 69 200×6
削り12.5%
94%×n 5%×n 0.125×n 10% / 4%×n / 4%×n
C地上
C空中
40 66 68
Lv1 Lv2 Lv3 MAX
1032
(200×6)
B1721
(200×12)
C1032
(200×6)
1721
(200×12)
2180
(200×18)
  • 読みは「フウマアクウケツ」
    ワープ後に放射状に針を投げつける。
  • Bは前方上空にワープし下方向に、Cは後方上空にワープし横方向に発射する。
  • どちらも技後は行動可能(ただし、着地までこの技の使用は不可能)なので、攻めの起点や仕切り直しの一手として役立つ。
  • 相手の上方を取りたい時に便利だが、読まれると簡単にグレイズされてしまうので要注意。
  • 他の2種と違い、隙が小さいにで気軽に使えるが、読まれてスペカ直撃なんてことにならないように。
  • 固められてる時の逃げの択に使ったり、相手の移動起き上がりを読んでC版によるめくり狙いといった使い方も可能。
  • 地上で発動した場合でもノーキャンセルで着地前にJAが出せるが、非常にシビア。
  • 針の相殺性能は最低であるので注意。
  • 追撃の難易度は高い。
  • LvUPで針の本数のみ増加、基本攻撃力の増加は無し。また、Lv2ではB版とC版の針の本数が違う。Lv2のC版とLv3のB版は全く強化されない。


刹那亜空穴

入力 判定 発生 全体 基本攻撃力 Rate Limit 霊力削り ゲージ増加量 備考
B地上 打撃当身 6 61 - - - - 10% / - / - 持続20F
C地上 射撃当身 6 60
当身成功 射撃 33 35 80×25
削り25%
98%×25 2%×25 0.05×25 0% / 2%×25 / 2%×25 Rift
Lv1 Lv2 Lv3 MAX
1373
(88×25)
1499
(96×25)
1620
(104×25)
1735
(112×25~50)
  • 読みは「セツナアクウケツ」
  • 考察はこちら





昇天脚(+射撃)系

  • いわゆる昇竜コマンドで出る打撃技。
  • どれもガードされると反撃確定。暴発には要注意。


昇天脚

入力 判定 発生 持続 全体 基本攻撃力 Rate Limit 霊力削り ゲージ増加量 備考
B地上 中段 13 9 68 1200
削り25%
85% 40% 1.00 10% / 16% / 24% Smash
C地上 13 12 90 1300
削り25%
Smash
グレイズ
Lv0 Lv1 Lv2 Lv3 MAX
B 1200 1320 1440 1560 1680
C 1300 1430 1560 1690 1820
  • 初期装備。読みは「ショウテンキャク」
  • 通称巫女サマー。ガードされると大抵の場合確反。
  • Lvmaxにしないとお世辞にも切り返しとは言えないだろう。
    上半身無敵(しゃがみ程度?)があるが攻撃判定発生と同時に切れてしまい、下段どころか大抵の上段攻撃に負ける。
    発生後の判定はかなり強く、出てしまえば大抵のジャンプ攻撃や牽制技に対して相打ち以上が取れる。
  • B版は低く飛び上がり、横に吹き飛ばす。CH時に追い討ち可。
  • C版は高く飛び上がり、上に打ち上げる。発生直後からグレイズが付き、空中射撃狩りに使えるもののリスクは高め。
  • LvUPで威力増加。また、LvMAXでB版1~14Fに打撃無敵が付く。
    乱用できる技ではないので自力でLvmaxにする価値があるかは微妙。とはいえ、疎雨があるので覚えておこう。
    他キャラと違ってLv4まで強化されない。どうしてこうなった。
  • 発生が速く攻撃判定が大きいので、コンボの締めに使いやすい

+ 実戦で使う場合の考察


抄地昇天脚

入力 判定 発生 持続 全体 基本攻撃力 Rate Limit 霊力削り ゲージ増加量 備考
B地上 下段 12 18 47 450
削り25%
92% 0% 1.00 10% / 5% / 8% Rift
C地上 下段 17 26 63 600
削り25%
ホールド 中段 B32
C36
3 B88
C92
900
削り25%
90% 40% 0% / 16% / 24% Rift
MAX追加 中段 B48
C53
5 97 700
削り25%
85% 40% 0% / 0% / 0% Rift
Lv1 Lv2 Lv3 MAX
B 1212
(495+990)
1322
(540+1080)
1431
(585+1170)
2034
(630+1260+980)
C 1374
(660+990)
1497
(720+1080)
1620
(780+1170)
2235
(840+1260+980)
  • 読みは「ショウチショウテンキャク」
  • 前方に軽く跳んでからのスライディング。すっごいすべるよ!
    B/Cボタン入力でサマーに派生する2段技に。LvMaxでは更に蹴り上げに派生して3段技となる。
    スライディングは貴重な下段攻撃でRift属性、サマーは中段攻撃でRift属性。
  • B版とC版ではダメージや突進距離、硬直時間などが異なる。
    ボタン入力しない場合、基本的に持続部分を当てれば反撃は受け辛い。B版は隙が小さいので当て方次第では有利フレームが付く。
  • 発生とリーチに優れ、地上コンボの補強や地上グレイズ狩りに役立つ。
    しかし空中戦の多い霊夢にとっては少々扱い辛い。昇天脚と違って浮いた相手を拾えないのが難点。

+ 実戦で使う場合の考察


雨乞祈り

入力 判定 発生 全体 基本攻撃力 Rate Limit 霊力削り ゲージ増加量 備考
B地上 中段 25 86 300×4
削り25%
95%×4 10%×4 0.25×4 10% / 5%×4 / 5%×4 Rift
B空中 29 94
C地上 25 89
C空中 29 89
Lv1 Lv2 Lv3 MAX
1032 1125 1216 1310
  • 読みは「アマゴイイノリ」
  • 長所は空中可能な打撃技、飛距離が長い、めくりが可能
  • 隙が大きい、単体で使ってもコンボに使ってもダメージが低い、コンボが異様にシビア。
    と現状では負の三拍子で使い道に困る器用貧乏な技。
  • 用途はめくりとグレイズ狩りであり、不意をつくことに特化。
  • 236系を出そうとして誤爆すれば反確。空中でも出せる為注意。
  • 空中版はモーション中に着地すると着地硬直10F。だが、低空発動なら地上版より隙は小さい。
  • 移動技としても使えるが、ハイリスクローリターン


+ 実戦で使う場合の考察