※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「射撃の当て方」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

射撃の当て方」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 「ここに動画埋め込み」
 
 
 以下、各動画内の時間表示で用語設置。
 
 ・例
 0:05~ スライド着地
 0:30~ 無限飛行
 0:40~ ホバー着地
 
 
 ***上記動画で使用した前提事項と、テクニックの解説。
 *攻撃の前提
 射撃が当たる時とはいつでしょうか?
 その理屈については、理論編にあるのでここでは割愛して、結果のみ書いておきます。
 
 1.相手の何らかの硬直中である
 相手の被弾中、相手の行動中や着地時など、基本的にほとんどの動作に硬直が存在します。
-
-
 
 2.相手の回避行動が間に合わない(状況的に不可能/反応が遅れるなどの)時
 連続で攻撃を行ったり、何らかの理由でこちらの弾の誘導を、相手が振り切れない時。
 ロックオフで相手の行動を先回りして撃った時などが該当します。
 
 ただし、これだけでは当たりません。
 これらは「当たる可能性のある状況」であって、そこに「当てられるか」はまた別の話になってきます。
 ここでは、どうやって主体的に射撃を敵に当てるのか?
 そのテクニックを幾つかご紹介していきます。
 
 
 ***硬直を取る
 ・ステップ狩り
 
 ***相手の回避の裏を突く
 ・めくり
 
 ***硬直も取り、回避の裏も突く
 ・接射
 
 ***その他
 ・弾速と、連射性に優れた武器
 ピロやゼフィロスのメイン等を使用する場合、相手との距離が近くなる状況で連射していると、
 相手のダッシュタイミングがズレ、状況に拠ってはその硬直をメイン射撃が捉えることができる。
 (ただし、誘導性に劣る場合が多い為、基本的に同高度に限る)
 
 ・誘導性が高い武器