※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※0.10V現在のもの。
この画像の場合、中央手前に表示されているピロテースをあなたが操作します。
自機はこのように立ち回りに応じて半透明で表示される事もあります。
ロックオンしており中央奥に見える敵チームのトールからはミサイルを連射されており、
右上に敵のアルジュナが柱の後ろに隠れているのがお分かりでしょうか。

1:自機アーマーゲージ

あなたが操作する機体の耐久力を示すメーターと数値です。0になってしまうと破壊されます。
また、ここには名前と所属するチームのカラーが表示されています。
「チームリーダー破壊」ルールでリーダーの場合はチームカラー部分に旗も付きます。
ネットワークモードでは、COMを除き機体名ではなくプレイヤーの名前が表示されます。

2:他機アーマーゲージ

他の機体のアーマーゲージです。数値は表示されませんが、それ以外は自機のものと同様です。
機体に直接表示されているメーターもこれと同一ですが、数値は自機とその機体との距離です。

3:戦力ゲージ(Military Potential)

各チームの復帰回数となる戦力の残量を示します。
チームの誰かが倒されると機体に応じた量を消費して復帰しますが、不足すると復帰できません。
0.10V現在、倒された際の戦力消費数…言うなれば"コスト"は2の機体しか存在しません。
戦力の扱いは勝利条件によって異なり、敗北が決定したチームはカラーが灰色になります。
  • 「敵勢力の殲滅(再出撃可)」は通常ルールで、誰か倒されると戦力を消費して復帰します。
    • 不足した場合、その時点でチームの敗北が決定します。
  • 「チームリーダー破壊」は、リーダー以外が倒された際の復帰にのみ使用します。
    • 不足すると復帰できず脱落となり、リーダーが倒されたチームはその時点で敗北です。
  • 「敵機の殲滅(再出撃不可)」の場合は使用しません。
    • 倒された人は順次脱落し、チームの全滅を以て敗北が決定します。
…ゲームのルールに関する記述って何処にしましょう?(例のお手伝い追記)
これと全機体のアーマーゲージを参考に、戦況を把握する事が大切です。

4:戦闘時間

5:レーダー

自機周辺における、他の機体や射撃の位置を表示します。
  • 自機の位置は中心の緑色の四角です。敵機は赤色、味方機は青色の四角で表されます。
  • 自機もしくは味方機による射撃は水色、敵機による射撃は黄色で、線や点で表されます。
  • 赤色の線は戦闘区域の端、エリアリミットです。

6:高度計

地形に対する自機の高度です。うまく数値の感覚を掴んで、着地の際などの参考にして下さい。

7:戦闘メッセージ

戦闘中におけるメッセージが出ている場合、ウィンドウが現れて表示されます。
一定時間が経過するか次のメッセージが出る毎に1行分スクロールします。
  • 開始時、ダメージ25%、ダメージ50%の自動メッセージは白い文字で表示されます。
  • ダメージ75%、自機破壊、僚機撃破の自動メッセージは赤い文字で表示されます。
  • 敵機撃破の自動メッセージは水色で、救援要請と予備のメッセージは黄色で表示されます。
  • ネットワークモードでのチャットによる発言は緑色で表示されます。
チャット発言は全員に届き、それ以外は味方機と観戦者にのみ届きます。

8:ウェポンゲージ

各武装の残弾数を示すメーターと数値です。
無くなった場合は30秒かけて赤いメーターが増えていき(リロード)、その後に全回復します。
後述の存在数付きのものと併せてメイン射撃、サブ射撃、オプションの3つありますが、
その詳細は機体により様々で、アルジュナに至ってはゲージ構成さえ異なります。

9:ブーストゲージ

ブーストの残量を示すメーターと数値です。ブーストを使う事で減少し、時間で回復します。
その他、機体毎に異なる運用をする事もありますが、これらについては機体解説を参照。

10:存在数付きウェポンゲージ

武装の残弾数に加えて、存在数も示しているゲージです。
同時に射出・設置出来る数が限られている一部の武装で用いられ、青色の四角が対応します。
存在数に応じて四角が点灯し、基本的に最大数を超えると古い物から消えてしまいます。

11:シールドゲージ

機体に装備されているシールドの状態を示すゲージです。
通常の実体盾の場合はその耐久力を表しています。
ガードするとその攻撃の威力分ゲージが減少し、0になると破壊されてしまいます。
武器を使って防御するケルベロス、トールでは連続使用のコンディションを表しています。
使用を開始できるのは最大時のみで、使用したままゲージが0になると強制終了。
時間に応じて、使用していると減少、使用していないとゆっくり回復します。
添付ファイル