掣肘陰陽少女クードたん


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アニメ作品「迎撃魔法少女コントルたん」に登場するキャラクター。

主人公である「コントルたん」をライバル視する美少女、清栖堂 陶子(せいせいどう とうこ)が正体である。
「コントルたん」が魔法と言うならば、こちらは陰陽道だとして、これまた明らかに何かを狙った日本古来のコスチュームに身を包んで戦う。

有名な財閥の一人娘でありながらひねくれもせず、嘘や曲がった事を嫌う。また、寡黙だが、実は静かに燃えるタイプ。
実直、素直を絵に描いた様なもので、学校でも数多くの役職をこなしている。
公と私をこの年齢にして完全に区別して考えられ、性格面では、皮肉屋、冷笑家である反とは真反対であるが、学校ではクラスメイトとして親しく接している。

「コントルたん」を敵視する理由は、殊、反が憎いという訳ではなく、平和を守る者としての責任感が強すぎる故に、彼女の自覚が薄い事と敵に対するスタイルが認められないからである。
正面から問題に対し取り組み、全力をもって解決方法を考える事こそ成功の道であると考えており、その点でコントルたんとは衝突するのだ。

後々、幾多の戦いの中で力を認め合い、互いの背中を任せられる相棒となっていく。

決め台詞は「何事も逃げずに誠実にクードタンね」。

企画段階では存在しなかった人物であるが、ヒロインの性格が余りにもスレている事をスポンサーから指摘され、悩んだ末に急遽生み出された(更に後付けで、容姿端麗、頭脳明晰、運動も得意、そして料理が苦手、などが増やされた)。
スポンサーの思惑通り、主人公の釣攻反の人気を上回る……筈だったが、放送に至っていないので結果は分かっていない。

制作陣は一度、本編の中で「コントルたん」と「クードたん」を戦わせ、後者を迎撃させている。
これは、この様な経緯を持つ彼女を一度コントルタンする事で、正に現状の漫画やアニメ、ライトノベル業界、ひいては商業社会をもコントルタンしようとしているのである。

矢張り、この作品は稀代の意欲作であったと判断するべきであろう。