ぼくらの


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

中学生になった頃、ぼくらはもう一人前で自分でなんでもできると思った。
ぼくらは泣いたり笑ったり怒ったり、もうこの世界のことはほとんど知った気になっていた。でも本当の悲しみや喜びや怒りはそんな日常の中にはなかった―――。



「男の子の夢ってやつだからよ」