マスク


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

口を覆う白いやつではない。

剣道の面に形体は似ている。しかしが竹刀に比べて細い分、細かくかつ網目になっている。

最近フルーレではのど元も有効面となるルールに改定された事により新しいマスクにせねばならず、過渡期にいるフェンサーは悩まされている。
意外に重量があり、足に落とした時は悲鳴、頭に当たると酩酊。

超高度な裏技としてマスクパレ(仮)と仮称される技があるが、フルーレにおいては仮にマスクの金属面でも得点を意味する色ランプが点いてしまう(本来はマスクは無効面)とそれは得点となってしまうので使用時には細心の注意が必要。
だが、このマスクパレ(仮)の技術は一子相伝のものであり、今では使用できる者自体が限られるため幻の技となってしまった。お目にかかった時は平伏して崇めなくてはならない。