フレッシュ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あれは春の陽気が立ち昇り始めた晴れた日の事だったと思う。

街に出てみると男が目の前をものすごい勢いで走り去って行った。
それも一人ではない。立て続けに出会ったのだ。
体格も見た目も様々だが、共通するのは表情。
皆一様に達成感に溢れた爽やかな笑顔を残して僕の前を矢の様に駆け抜けていった。

男たちはどこへ向かっていたのだろう。
今の僕には理解できない。
だが、一つだけ分かった事がある。

彼らが世間では「フレッシュマン」と呼ばれているという事だ。

その単語が意味するところを僕は知らない。
だが、 矢の様に走りながら行う (ノルマへの) 攻撃 にはきっと何か得るものがあるのだと、僕は幼心ながらに思ったのだった。