反則行為


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フェンシング競技のうちでこの単語が意味するところは一つである。

それはピスト上での脱衣である。

普段は脱げないからと言ってマイナーなスポーツである事を利用し、その競技場で脱いでしまおうというのはけしからん考えであり、決して許される事では無い。
点数を取られるたびに一枚ずつ脱ぐという狂気の沙汰ほど面白い遊びには決してなれないししてはいけない。

だが、言語である以上、地域によって若干の用法の違いが存在する。
この単語がスラングとして用いられる場合、意味には以下のものが挙げられる。これでも全てではない辺り言葉の伝播は多岐に渡っていると言えるだろう。

  • 頭部を下げる(マスクで覆われていないため危険)。
  • 後ろに振り向く(同上)。
  • 有効面を隠す。
  • 体を相手に接触させる
  • 上のものより激しいものとして、相手に激突する。
  • 相手、審判への不敬行為(礼、握手をしない等)。即座に退場となる場合も存在し大会の出場権すら剥奪される事も。当たり前。